あらいぐま書店

Livraria de Rakumarō

【日常】オーシャンクックってなに?

はじめに

「オーシャンクック」という謎の食品をみつけました。 

スーパーの鮮魚コーナーをぐるっとまわって、安い刺身を探していたとき、

パックいっぱいに詰められた、カニの身にびっくり。

300円くらいなのに、大きなパックに身がぎゅうぎゅうに詰められているし。

ラベルをよくみると、「オーシャンクック」と書いてあったのです。

 

安すぎる値段の割に量が多いと、なんだか危ないもののような気がしてきますね。

そのときは迷いに迷って買わなかったけれど、やっぱり気になるので調べてみました。

f:id:mimi_shiro:20170329232606j:plain

300gで250円くらいと、価格はとにかく安いです。

見た目は、親切にむいてくれたカニの身そのもので、普通のカニよりも肉厚でおいしそう。けれど、これだけ安いということは、本当のカニじゃないんじゃ…。 

そもそも生で食べられるの?添加物とか大量にはいってる? 

このあたりの疑問を解消してみました。

 

見た目に反して、カニではなかった 

結論から言うと、オーシャンクックはカニのような魚の練り物。魚の加工品でした。

カニの配分量はまちまちですが、安ければ安いほどカニの成分入っていないそう。

(たぶん本物の「身」は全然入ってない)

主な成分は魚肉、でん粉、カニ(風味のエキス)、調味料です。

かまぼこなどの練り製品とほとんどいっしょで、本物のカニ似せた、ワイルドなカニカマといったところですね。

 

「オーシャンクック」以外にも「オーシャンレッグ」や「オーシャンキング」「サラダフレーク」など似たような既製品がたくさんがありました。

カニカマなので、生で食べても問題なさそうですが、中には「生食用 オーシャンキング」などとわざわざ書いている場合もあるようです。

f:id:mimi_shiro:20170329232633j:plain

カニカマと同様に、サラダや和え物、おつまみなどに使えそうですし、

ボリュームがあるので、卵焼きやつくね、そのまま唐揚げにしても美味そう…(じゅる

生で加工品が心配なら炒めたり、揚げたりすればいいですしね!

 

練り製品のpH調整剤や香料などの添加物は当たり前なので、初めから気にならない人は、そんなに怖がらなくてもよし。

今度見かけたときは、酢の物にでも入れて食べてみようかな。

結論:食べても大丈夫! 

 

© 2018 あらいぐま書店 All rights reserved.