小さな星がほらひとつ

あらいぐま書店

Livraria de Rakumarō

【女性向け】イライラしたくないと思った時に読みたい本

なんとなく心に余裕のない時、体調からくるもやもや。

イライラしたくない、と思っているのに抑えられない時もありますよね。

毎日、生きていく中でたくさんのストレスを抱えている女性の気持ちを、ほぐしてくれるような本を集めました。

 

いつの間にか完璧主義になっていない?

しない技術 (シンプル時間管理術)

忙しい毎日の中で、あれもこれもやらなくちゃ、といつの間にか完璧主義になっていないでしょうか。

毎日のイライラは、心によるものだけでなく、時間に余裕がないせいかも。ずっと全力疾走でがんばるのは誰でも辛いものです。手を抜けるところを上手に見つけることで、時間と心に余裕をつくってあげましょう。 

この本では、生活の中で、「しない」ことに焦点をあてた、女性のライフスタイルを提案している一冊です。例えば、毎朝悩む服も、自分に似合うものだけをあらかじめ決めておけば、心に余裕が生まれます。

そのほかにも、掃除をしない、2次会に行かない、カーテンを開けっ放しで寝る、など気になるアイデアが盛りだくさん。

全部真似できる、とはいいません。きっと1つでも、「あっ、やってみようかな」と思えるようなアイデアが見つかるはず。

走り続ける毎日のペースを、見つめなおさせてくれる一冊です。

 

心の余裕は、相手にも伝わります

相手もよろこぶ 私もうれしい オトナ女子の気くばり帳

女性としてのマナーを教えてくれる本はたくさんありますが、日常的に使うには少し気疲れしてしまいますよね。

この本では、普段使いにぴったりな、けれど大切な「気くばり」について書かれています。

よく「気くばり上手な、愛され女子」なんて、周りにいませんか?

この本を読めば、気くばりが自然にできる女子力を学べるはず!

あいづちの打ち方、キーボードの叩き方といった、実際に使える仕草や動作をイラスト付きで紹介しています。

読みやすくイラストも豊富なので、明日にむけて、今日の自分をリセットしたい大人女子におすすめです。

 

歳をとったって悩みは尽きない!

首のたるみが気になるの

もやもや、イライラ、なんとなく元気が出ない…。

そんな時は、ノーラ・エフランの飾らない人生エッセイを読んでみて!

60代になったら女子の悩みはなくなるのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません!いつの時代でも悩みはつきないものなのです。

年を重ねていく女性の日常や生き方を、ちょっぴり毒舌に、可愛く描いた一冊です。

「歳をとることがステキなんて冗談じゃない!」なんて言い切ってしまうノーラの主張に、「うんうん」なんてうなづきながら、くすっと笑えるオススメの本です。 

 

嘘を題材にしたアンソロジー小説

きみは嘘つき

どうして私たちは嘘ばかりつくのだろうー

6人の女性作家が ”嘘” をテーマに、様々な女性(たまに男性)のストーリーを描いたアンソロジー小説です。

短いストーリーの集まりですが、キュンとしたり、ゾワッとしたり、ほのぼのしたり。

色々な感情を味あわせてくれる、雰囲気たっぷりの嘘の世界に浸って下さい!

読んだ後には、すっきりできる一冊です。

日常にこんなに嘘が溢れているなら、今の気持ちもきっと嘘にできるはず。

 

現実から逃げたっていいんだよ

パリ行ったことないの

今の生活から「一歩、抜け出したい」。

私たちが想像するパリは、イライラとは無縁の夢の場所。

けれど実際には行ったことないし、行くこともない。

なんて、本当にそれでいいの?

パリに行ったことない10人の女性のストーリーを通して、人生の様々な選択について考えることができる小説です。

最後には、すべての伏線が繋がるのも魅力。

現実を忘れて、小説とパリの世界にどっぷり浸りましょう。

 

 

イライラしたくない、と感じたあなたはきっと優しい人です。

力を抜いていいんだよ、と教えてくれる本。くすっと笑えるエッセイ。いやな感情を上書きしてくれる小説。

本の力を借りて、少しでも心を軽くしてみてくださいね。