小さな星がほらひとつ

あらいぐま書店

Livraria de Rakumarō

【ビジネス】働き方に疑問を持った時に読みたい本

「働き方改革」が叫ばれる現代、いまの自分の働き方に疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。

いまの働き方を変えたい、会社や社会に任せていても意味がないと考える人へオススメの本をご紹介します。自分の働き方を変えるきっかけにしてみてください。

 

日本の非生産的な働き方にはもううんざり!

世界標準の働き方

残業ゼロを掲げる企業や、成績評価する企業も増えてきていますが、わざわざ「うちの会社はホワイトです」なんていうほどのことでしょうか。

サービス残業や長々とした会議など、日本式の働き方は決して世界の標準ではありません。いくら残業ゼロを掲げたって、怠ける人は怠けるし、自分で仕事を早く終わらせて成果をあげる人はいますよね。

いま、もし周りの顔色を伺って、”自分らしい働き方”ができていないという人がいたら、ぜひこの本を読んでみてください。

あなたは間違っていない、と証明してれます。

世界で使える人材になるためのヒントが満載の本です。

 

大きな会社に入ればやりがいのある仕事ができるのか?>

小さなチーム、大きな仕事〔完全版〕: 37シグナルズ成功の法則

頭を使って、皆が一人一人できることを精一杯やりきりましょう。

チームの大小がいかに素晴らしい仕事に影響を与えないか教えてくれます。

一人一人の力を本当に引き出してくれるのは、一緒に100%以上まで頑張ってくれる仲間の存在です。

会社の単なる歯車としての働き方に疑問を持った時に、ぜひ読んでほしい一冊です。

 

自分らしい働き方を見つけよう

おとなの進路教室。

進路を選ぶのは、高校や大学を卒業した時だけでしょうか?

いいえ。転職したい時、やりたい仕事を見つけたい時、大人になっても進路は自分で舵取りしなければなりませんよね。

この本は、具体的にどうすればいいと書いてあるわけではありません。

しかし、人気のコラムから生まれた一節一節が、リアルな進路選びを考えさせてくれます。

自分のもう一度進む道も見つめ直したい人にオススメです。

 

転職を考える時に参考にしたい

会社は2年で辞めていい

タイトルだけ読むと、「やったー!辞めていいんだ」 なんて、いまの働き方を辛く感じている人ほど、期待して読んでしまう本かもしれません。

もちろん、なぜ2年で辞めていいと思うのか、とてもわかりやすく書いてありますし、転職についての心構えも使える知識が満載の一冊です。

ただ、特に為になると思うのは、『上から下に落ちるのは簡単だけど、下から上に上がるのは大変なこと』といった、ちょっと厳しい現実的な意見もしっかり記してくれているところでしょう。

会社を辞める=楽になることではない。

自分の将来をステップアップしていきたい人に向けて、転職のノウハウを教えてくれる本ですので、ぜひ読んでみてください。

 

仕事に振り回されないフリーランスになる

フリーで働く! と決めたら読む本

フリーランスになれたら、自分の好きなように自由に仕事ができる!そう思ったら大間違いです。

実は、フリーランスには会社員にはなかった面倒なことがいっぱい。

フリーランスと会社員の違いや、どうすればフリーランスとして成功できるのか

会社員以上に気をつけるべき普段の生活の心構えとは…?

フリーランスへの過剰な期待や、理想・神話を一切省いた、リアルな仕事としての「フリーランス」の生き方を教えてくれる一冊です。

フリーランスという選択肢を考えている人、会社員でも、「自由」な働き方を本気で変えようと思っている人にオススメの本です。

 

働き方に疑問をもったら、ぜひ色々な選択肢に触れてみてください。

考え方が変われば、今よりも働くのが楽しいと思えるようになるはず!