小さな星がほらひとつ

あらいぐま書店

Livraria de Rakumarō

【ランキング常連!】投資の入門書〜本格的に学びたい時におすすめの本

投資って何から初めていいのかわからないですよね。

やってみたいけれど、ちゃんと勉強しないと騙されそうとか、損しそうという気持ちばかりが先行して、なかなか挑戦できない人も多いと思います。

今回は投資初心者にオススメの入門書から、ファイナンシャルプランナーに騙されないための名著まで、これを読んでおけば投資の基本はすべてわかる、という本を集めました。

後に紹介されているものほど上級編になっていきますので、選ぶ際の参考にしていただければと思います。

まずは入門編:難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

これまでに少しでも投資をかじったことがある人には少し物足りないかもしれませんが、軽く読めてなんとなくお金が貯まる方法や投資の始め方がわかる、投資入門にはぴったりの本です。

前知識ゼロで、本当に基礎の基礎から勉強したい人にオススメの本です。

「お金の素人」である著者が、「お金のプロ」にわからないことを聞くという会話形式の本なので、時間をかけすぎず、さらっと読むことができます。

投資だけでなく、保険や銀行貯蓄についても触れているので、お金をしっかり貯めていきたいというはじめの一歩にどうぞ! 

インデックス投資について学ぶなら:ほったらかしの投資術

投資というと、市場の動向や株価の変動を常にチェックして、解析して、とすごく手間がかかるイメージもありますよね。この本では、「そういった手間はぜんぶプロに任せましょう!」という考え方で、投資信託について紹介している本です。

どこの会社の株を何株買って、いつ売って…。ゲーム感覚で楽しく取り組める人にはいいですが、仕事に家事に毎日忙しい人にはなかなか大変です。

投資で一攫千金を狙うのではなく、長期間でじわじわ資産を増やしていきたい方には、とても使える知識が盛り込まれています。

特に、NISAやDC(確定拠出年金のネットで調べてもいまいちわかりにくいメリットに関して、わかりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

個人投資家の永遠のバイブル:ウォール街のランダム・ウォーカー 

昔の本なので、今の考え方とは少し合わないと感じる部分もあるかもしれません。

しかしこれを読まずに個人投資家にはなれない、と言える不滅的なバイブルです。

市場の原理やなぜ多くの人が失敗してしまうのか、といった投資の基本的な部分を網羅しています。本格的に投資で財産を築こうという思う人に、本著は必読書でしょう。

著者自身の30年の投資経験と研究成果を元に書かれています。

歴史的な読み物としてもとてもおもしろい一冊です。

リスクなんて存在しない!:バフェットとソロス 勝利の投資学

リスクを取ればより儲かり、安全な投資をしていれば元本を失うことはない。

そう解説するたくさんの本の中で、この本はかなり衝撃的です。”本物の投資家” としての活動を目指す人ならば、絶対に読んでおいたほうが良い一冊です。

バフェットとソロスは、投資している対象こそ違うものの、どちらも一代で資産を築いた億万長者です。そんな2人の行動や考え方を基に、勝ちパターンを研究し尽くしたのが本書の特徴です。

2人の例が混ざって邦訳されているので、少し読みづらく感じる部分もあるかもしれませんが、重要なことが随所に散りばめられているので、ぜひじっくりと時間をとって、読破してみてください。

この本を読むか読まないかで、投資に対する姿勢は大きく変わってくると思います。

戦う場所は自分で選ぶ:敗者のゲーム

自分がどの程度の投資家を目指すかで戦う土俵は違ってきます。

個人投資家が市場で勝ち続けるにはどうすればいいのか、プロには勝てないということを前提にした上で、どうすれば自分なりの勝利を得られるのか、を教えてくれます。

これまで上述の本を読んできた人なら、「そうなの知ってるよ」と思う内容も多々ありますが、「知っていること」と「実際にできること」は別物です。

これまでの投資の勉強の復習と、自分なりのやり方を見つめ直すためにおすすめの本です。

総評 

何冊か投資本を読んでみて感じたことは、上述のような違う視点から書かれた本を5冊読めば、お金に関する考え方や、投資のルールのようなものがざっくりわかってくるということです。

そして良い本は、同じような投資の方法が進められていたり、銘柄さえ同じものを指定している本もありました。どの本にも共通して言えることは、明日からではなく、いますぐ始められることが、投資でも大切ということだと思います。まずは一冊、ピンときた本から、ぜひ読んでみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!