あらいぐま書店

Livraria de Rakumarō

【まとめ】イラストが上手になりたい人におすすめ!定期発行されているデザイン・アート・イラスト系の雑誌5選

f:id:mimi_shiro:20180204213349j:plain

雑誌のメリットは、最新情報や業界の流行りなどがわかるところですよね。

今回は、デザインやイラストを学んでいる人におすすめの雑誌をご紹介します。

ファッション系の雑誌ほどではないですが、デザイナー・アーティスト・イラストレーター向けの雑誌も実は色々あるんです。

今回は、定期発行されているデザイン・アート・イラスト系の雑誌を、発売頻度・価格・特徴にまとめてご紹介します。

有名イラストレータの特集記事も多い「イラストノート

誠文堂新光社が発行するイラストレーションに関する情報誌です。メイキングやたくさんのイラストが参考になるので、イラストレーターさんや絵を描くのが好きな方におすすめです。

  • 発売頻度:1、4、7、10月の年4回。(23日前後に発売)
  • 価格:1,944円(税込)
  • 特徴:毎回、組まれる特集が面白いと話題で、特集ごとに違った読者層を獲得しています。過去に、中村佑介窪之内英策といった有名アーティストの特集も。大ヒット作や話題性のある内容を取り上げることが多いので、イラストに関わる方は、ぜひチェックしておきたい雑誌。

プロダクトからグラフィックまで知識満載「デザインノート」

同じく、誠文堂新光社から発行されているデザイナー向けの情報誌です。

  • 発売頻度:1、3、5、7、9、11月の年6回。(26日頃に発売)
  • 価格:1,728円(税込)
  • 特徴:デザイナーに役立つ、ロゴ・文字・写真・レイアウトなど、デザインに関わるメソッドを紹介しています。有名アートディレクター やクリエイターの仕事の裏側を紹介することも。デザイナーさんにおすすめの一冊です。 

雑誌自体もアート!「月刊MdN(エムディーエヌ)」

デザインとグラフィックの総合情報誌です。すぐ売り切れてしまい、紙のバックナンバーは、なかなか手に入らないこともあるようですね!Amazonプライムの無料登録で過去のバックナンバーが見放題になっていたのでおすすめです。

  • 発売頻度:毎月6日前後
  • 価格:1,490円(税込)
  • 特徴:雑誌構成がすでにアーティスティックで、デザイン・写真・イラスト・DTP・3DCGなど幅広く実戦で使えるノウハウを紹介しています。独学で頑張るデザイナーさんや、Photoshop/Illustrator初心者の方にも、わかりやすくておすすめ。

世界最先端のデザイン情報「アイデア

誠文堂新光社が発行している世界のデザインやアート情報を紹介している雑誌です。創刊時は隔月でしたが、2014年12月号より季刊になりました。

  • 発売頻度:3、6、9、12月の年4回。(10日に発売)
  • 価格:3,055円(+税)
  • 特徴:世界各国最先端のデザイン情報を豊富なビジュアルとともに紹介しています。前述までに記載した雑誌とは異なり、ノウハウよりも価値観やインタビュー記事などが多く、その記事の読み応えは抜群です。世界のデザイン事情を知りたい方におすすめです。

 CG・映像クリエイターのための特化型「CG WORLD」

映像やコンピューターグラフィクスが知れ渡ってきたのは最近ですが、こちらの雑誌は1998年に創刊され、すでに20年の歴史があります。

  • 発売頻度:毎月10日前後
  • 価格:1,512円(+税)
  • 特徴:CGや映像に特化した雑誌としては歴史があり、学生からプロのクリエイターまで幅広く支持されています。アニメ作品の制作工程を特集したり、関連イベントの記事も多く、映像分野に携わるクリエイター必見の雑誌になっています。

あとがき

それぞれの雑誌、特徴があって面白いのでついつい買ってしまいます。また、特集の組み方がずるいんです!好きな作家さんとか気になる話題とかピンポイントで組んでくる(笑)

雑誌は、最近の流行や最新の業界事情がわかりますし、本よりも気軽に買えるので押さえておきたいですね。毎号の特集はきっと気になるものがあると思うので、ぜひチェックしてみてください!

© 2018 あらいぐま書店 All rights reserved.