あらいぐま書店

Livraria de Rakumarō

今1番読みたい!「マンガ大賞」受賞作おすすめ10作品をまとめてみた【保存版】

f:id:mimi_shiro:20180212173717p:plain

はじめに

漫画好きによって選ばれる、『マンガ大賞2018』の1次選考結果が発表されました。

以前ご紹介した「このマンガがすごい!」(宝島社)が人気作・その年に売れる作品を如実に表すのに対して、「マンガ大賞」は”表彰されてから売れる・マイナーな作品"を知ることができる賞だと思います。

実際に、2016年の「ゴールデンカムイ」、2017年の「響~小説家になる方法~」など、「マンガ大賞」受賞後の注目度がすごいですよね。

『マンガ大賞2017』大賞は、「響~小説家になる方法~」

『響~小説家になる方法~』は2014年から『ビッグコミックスペリオール』で連載を開始した柳本光晴の作品。

物語は圧倒的な文才を持つ15歳の少女・鮎喰響が文芸誌の新人賞に作品を送ったことからスタート。

編集者に目を止められ、大きな賞にもノミネートされた響は世間に注目されるようになっていく。

『マンガ大賞2018』大賞発表は今春!

今回は「マンガ大賞2018」にノミネートされた12作品の中から、たぶんまだ読んだ人が少ないんじゃないか…?と思われるおすすめの10作品を、まとめてご紹介します。

映画大好きポンポさん(ピクシブ)

映像研には手を出すな!(ビッグコミックス)

ゴールデンゴールド(モーニングコミックス)

とんがり帽子のアトリエ (モーニング KC)

凪のお暇 (A.L.C. DX)

メイドインアビス (バンブーコミックス)

BEASTARS (少年チャンピオン・コミックス)

不滅のあなたへ (週刊少年マガジンコミックス)

ランウェイで笑って (週刊少年マガジン)

我らコンタクティ (アフタヌーンコミックス) 

あとがき

大賞の結果は3月下旬〜4月上旬に発表です!

「マンガ大賞」は、たくさんのマンガがある中で、広告の力や、初版発行部数での人気に左右されない、埋もれてしまいがちな隠れた名作を教えてくれるので楽しみですね。

有志で集まったメンバーで、10年に渡って運営されているということで本当に感謝です。公式HPでは選考員の感想も公開されているので、ぜひご覧ください。

www.mangataisho.com

 

© 2018 あらいぐま書店 All rights reserved.