あらいぐま書店

Livraria de Rakumarō

眠れない原因を解消する、夜眠れない時におすすめの本4選【保存版】

睡眠不足は本当に体によくないですよね。

どうしても寝付けずに辛い思いをしたことのある方も多いのではないでしょうか。

筆者も、布団に入って2~3時間経っても眠れずに辛かったことがあります。(そのまま朝になってたことも…)

眠らなきゃと考えれば考えるほど、余計に眠れなくなってしまうんですよね。

今回は、眠れない夜におすすめの「睡眠問題」を解決してくれる本をご紹介します。

眠れない時の読書のススメ

眠れない時って、ごちゃごちゃ色々なことを考えてしまっていませんか?

実際に眠ることを意識すればするほど眠れなくなります。頭を使うことで、興奮している時に働く”交感神経”が活発に働いてしまい、余計に眠れなくなるという悪循環を生み出してしまうんです。

そんな時は、今抱えているストレスや「寝なきゃ」という気持ちを一旦忘れて、体をリラックス状態にする”副交感神経”を優位にすることが大切。そういう意味で、頭を空っぽにしたり、意識を悩み事から切り離す読書は、眠れない夜におすすめの対処法と言えるでしょう。

特におすすめなのは、適度に活字があって、内容が小難しい本です。ついでに「睡眠」や「悩み事」に関するアドバイスが載っている本なら、一石二鳥ですね!

世界で話題に!通勤電車のウトウトにも意味があった

日本人がよくする、電車や会議中の「居眠り」。海外ではすごく驚かれていることをご存知ですか?

オーストリア人筆者による、日本の居眠り文化を学問的に考察した一冊です。 少し堅苦しいかなと思う内容と文字量ですが、そこもまた眠くなるポイント(笑)

居眠り文化のない海外では、かなり面白く読まれている著書の日本語訳版です。 海外から見た日本の居眠り文化の、意外な考え方を学べば、夜眠れなくても居眠りに誇りが持てるかもしれません(笑)

眠れない、その悩みを根本から解決しよう

頭でごちゃごちゃ考えてしまい眠れない、そんな時はこの本を読んでみませんか。

人間がイヤなことを「忘れない」ようにできているのは、危険をさけるための本能。 多くの「引きずる」経験をした患者を見てきた精神科医の著者が、思考を引きずらなくなるためのコツを、箇条書きでわかりやすく紹介しています。

どの手法もなんてことないことに見えますが、その効果は抜群。有名スポーツ選手も実践したという簡単な思考の整理術を会得して、眠れない夜を有意義に過ごしましょう。

あなたの睡眠が劇的に改善する快眠法

睡眠時間が先進国の中でもワースト1、2位を争うほど短い日本人。 「眠れない」「十分に寝た気がしない」は、国民的疾患なのです。

ビジネスと同じく眠りもコントロールできる、そう豪語する著者の快眠のための手法を余すことなく詰め込んだ一冊です。 すぐに生活の中で実践できる戦術をたくさん紹介していますので、いざという時のために、本棚に置いておくといいかもしれません。眠れない夜のおともにどうぞ。

壮大な世界から眠りに包まれる

東京大学名誉教授・佐藤勝彦先生による、人間と宇宙の歴史を描いた物語です。ノンフィクションですが、イラストがわかりやすく、難しい内容も簡単にわかるとして、宇宙論のベストセラーとなっています。

難しい話のはずなのに、なぜか頭にすんなり入ってくる不思議な本なんです。 宇宙に興味がある人も、そうでない人にもおすすめ一冊。同シリーズの絵本もでています。

「眠れなくなる」とタイトルについていますが、ばっちり眠れます(笑) ほどよく難しい、けれど面白い宇宙の話は、眠れない夜にぴったりですね。

あとがき

眠れない時に読む本として、興奮するおもしろい小説や続きが気になるようなサスペンスはNGです。想像膨らむファンタジー系よりも、少し眠くなる現実的な本がおすすめですよ。

「眠れない時は眠らなくていい」

その言葉を知ってから、筆者はすごく心が軽くなりました。眠れなくて辛いなんてときには、思い切って起き上がり、ぜひ本を読んでみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

© 2018 あらいぐま書店 All rights reserved.