小さな星がほらひとつ

あらいぐま書店

Livraria de Rakumarō

巧みな心理描写に大人がハマる!水城せとなのおすすめ漫画ランキング10選

2014年に「失恋ショコラティエ」がドラマ化され、話題となった水城せとな先生。

リアルな恋愛の駆け引き、巧みな心理描写で、少女漫画の枠を超えて大人の漫画好きにおすすめの作家です。

これまでボーイズラブ(BL)作品も多く、女子向けの内容と思われる方も多いと思いますが、それだけではありません。水城先生の作品のすごいところは、「人間」という生物を、性別関係なく、青春や恋愛に絡めて描いているところだと思います。

決して幸せなハッピーエンドばかりではありませんが(むしろそういう作品の方が少ない)、映像化されている作品以外にも面白い作品がたくさんありますので、今回はおすすめ順にランキング形式でご紹介します。

10位 ダイアモンド・ヘッド

名門校に転入した市橋七緒は、女みたいな美少年・羽根木(はねぎ)ライカに出会い、「裁判部」に勧誘される。

学校にある「裁判部」という突飛な設定に物怖じせず、スラスラ読める作品。

普通の少女漫画では描かれないような人間の裏側を、主人公に傾倒することもなく平等に描いているところがすごいです。 全5巻完結。文庫化もされている隠れた人気作。 

9位 ふたりのために世界はあるの。

付き合っている千春と恭、2人の高校はまさかの犬猿の中!さらにお互いがそれぞれの学校の生徒会長という、水城先生には珍しいくらい正統派の青春ラブコメ。

全100ページほどで、一巻完結なのでさらっと読めます。彼氏・恭のヘタレっぷりというか、子犬っぷりがかわいい、応援したくなるカップルです。

8位 100万ドルの女

兄・耕之助の多額の借金のカタに、サラ金の社長の息子・錦織鋼(はがね)のオンナにさせられてしまった菜摘。 鋼は菜摘と同じ学校に通う生徒で、ずっと菜摘のことが好きだったという。菜摘のために、ほかのサラ金会社の肩代わりをする鋼。果たして借金総額が1億円は返済できるのか…。

エイプリル・フィッシュ、EYE・Sなどを収録した短編集。表紙が時代を感じさせますが(笑)、水城先生のおすすめの初期作品です。 

7位 彼女達のエクス・デイ

学校なんてなくなっちゃえばいいー

校内専用HPの書き込みから集まった4人の男女の、友情、恋、心の傷を描いた、現代的な作品。

薄っぺらい友情や、面倒臭い関係ばかりの学校に辟易した経験のある方なら、男女問わず共感できるのではないでしょうか。 全2巻完結。

6位 失恋ショコラティエ

2014年に松本潤さん主演でTVドラマ化され、大ヒットとなった衝撃のラブストーリー。石原さとみさんの小悪魔なサエコは、はまり役でしたね!

大人の男女の、チョコレートのようなドロドロした濃厚な恋愛が描かれているリアル恋愛漫画。 全9巻完結。

5位 脳内ポイズンベリー

人間の思考、頭の中をコミカルに描いた、異色の恋愛漫画。

人間、ポジティブな面、理性的な面、ネガティブな面など色々な側面を持っていますが、それぞれの思考を老若男女わかりやすく表した心理学的な作品。

単なる恋愛漫画ではなく、自分の考え方を見直すきっかけにしたいくらい、リアルな駆け引きが魅力的です。

こちらも2015年に、真木よう子さん、古川雄輝さんで映画化されました。全5巻完結。

4位 窮鼠はチーズの夢を見る ※注BL

優柔不断な性格が災いして不倫という「過ち」を繰り返してきた恭一。ある日彼の前に妻から依頼された浮気調査員として現れたのは、卒業以来会うことのなかった大学の後輩・今ケ瀬だった。ところが、不倫の事実を妻に伝えないことの代償として今ケ瀬が突きつけてきた要求は、「貴方のカラダと引き換えに」という信じられないもので…。

分類はBLですが、リアリティ溢れる世界観と丁寧な心理描写は、漫画好きであればおすすめしたくなる一冊です。1巻完結ですが、シリーズで続編「俎上の鯉は二度跳ねる」もでています。

3位 放課後保健室

「このマンガがすごい!2008」オンナ編第16位、米国のティーンに世代に向けたヤングアダルト図書館サービス協会のお薦めグラフィック・ノベルのベスト10にも選出された、知る人ぞ知る名作です。

学園ものなのか、バトルファンタジーなのか、サスペンスなのか、本当に分類わけができない!少女漫画の絵柄に惑わされると、その深いストーリーに圧倒されることでしょう。

作者自身が1998年頃から構想し、ずっと描きたいと思っていた作品ということからも、その熱量が伝わってきます。最後まで読むときっとあなたの想像が裏切られるストーリーです。全10巻完結。

2位 世界で一番、俺が◯◯ 【連載中】

これまで少女漫画誌で活躍されてきた水城先生の、青年誌初連載。

頭、ルックス、性格、それぞれに特徴を持つ幼なじみ男子3人の柊吾・アッシュ・たろちゃん。隣の芝生は青いと言いますが、それぞれが自分の不幸を嘆いているところに、謎の美女が現れて…。

友情、嫉妬、悪意、さまざまな感情をあざなう、300日のゲームが始まるー

水城先生が青年誌で初めて描く、リアル不幸ゲーム。今後3人の運命はどうなってしまうのか、続きが気になってしょうがないです。 既刊4巻。

1位 黒薔薇アリス

舞台は1908年のウイーン。若きテノール歌手・ディミトリは不運な事故に見舞われ、そこから怒涛の悲劇が始まる…!

水城先生、最高傑作のダークファンタジー作品です。1巻から圧倒される世界観に、どんどん引き込まれます。

過去から現代までの時間の流れ、それぞれの時代の人間の特色も描きつつ、イケメンで優美なヴァンパイアの切ないストーリーがとにかく魅力的。

虫の描写があって苦手という方もいるようですが、筆者も虫は大の苦手ですが、美麗なイラストの中で嫌悪感なく読めました。

既刊6巻で一部完結。続編をずっと待ってるファンタジーの名作です。

あとがき 

水城先生の作品は、人間は性別があるから面白いということを教えてくれます。

ただ単なる”男”と”女”ではなく、グレーな部分を巧みに描いているのも特徴的ですよね。人のリアルな心理や、ネガティブな面も見つめ直すことができる本当に類稀な作家だなと思います。どの作品も男女問わず、面白く読めるはず。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!