小さな星がほらひとつ

あらいぐま書店

Livraria de Rakumarō

隠れた名作がみつかる!『マンガ大賞』に過去ノミネートされた面白い漫画5選

いよいよ『マンガ大賞2018』発表間近ですね。

数ある作品の中からノミネートされるだけでもすごい、そんな『マンガ大賞』も今年で11年になります。

今回は過去に漫画大賞にノミネートされた、読んでハズレなしの名作をご紹介します。

皇国の守護者

人と龍が共存する世界で、小さいながらも貿易によって繁栄していた<皇国>と、その貿易赤字を解消するために海の彼方から侵略してきた<帝国>との戦争、それをきっかけとして激化する<皇国>内部の権力闘争を描いた戦記もの。

小説が原作となっており、作者さんが死亡したことにより終了となります。漫画は5巻までですが、なかなかキリのいいところで終わっているので読んで損はないです。

大人の事情により電子書籍化もされず、このまま絶版となってしまうそうなので、今後プレミアム化されそうな悲しい作品。その壮大な物語の一端にぜひ触れてみてください。

王様達のヴァイキング

高校を中退し、バイトもできず社会からはみ出ていた、18歳の是枝一希が唯一持っているのは、ハッキングの腕。純粋すぎる天才ハッカーの前に現れたエンジェル投資家によって、是枝は次第にそのハッキング能力を生かしていく。

現代のインターネットに潜む闇や、未来を予見しているような本格コンピュータ漫画。主人公の異常なまでの天才ぶりが痛快。専門用語がわからなくても、次第にのめり込んでいく中毒性の高い漫画。

ネットが社会に及ぼす影響をもっと多くの人に知ってほしいですね。エンジニアとかハッカーの凄さがわかる作品。既刊14巻。

虫と歌 市川春子作品集

『宝石の国』の著者、市川春子が描く、短編物語4作品がまとめられた一冊。

ヒトの形をしているけれど、ヒトじゃない。でも人間よりもずっと繊細で、優しい生き物たち。人間中心で生きていると、虫や星、自然の懐の深さを実感せずにはいられません。人間に振り回され、それでも優しく寄り添ってくれる姿が印象的。

独特の世界観と雰囲気が素敵な、静かな物語です。どうしたらこんな物語が思い描けるんでしょう。作者さんの頭の中をぜひ覗いてみたいです。

人間仮免中

統合失調症を患う漫画家の卯月先生自身の人生を描いた、衝撃のノンフィクションエッセイ。

20歳での結婚、夫の会社が倒産により借金返済のためにホステス、SMストリッパー、カルト系AV女優として働きながらも、夫は投身自殺。 自身の自殺経験まで赤裸々に描かれた波乱万丈の日々。そんな中、36歳にして25歳年上のボビーと恋に落ち、愛し合う2人の奮闘する日々をユーモラスに描いています。

壮絶な内容ばかりなのに淡々と読めてしまうのは、その絵柄と作者自身がそういう風に書いているからですね。統合失調症の方が見ている世界のほんの一部分ですが、知ることができる一冊です。

聖☆おにいさん 

下界で過ごすブッダとイエスの日常コメディ。

東京・立川にて下界バカンス中のブッダとイエス。アパートの部屋が手狭になってきた問題を解消すべく、仏(ブッダ)が断捨離の鬼と化す!

発売開始の2006年から様々な賞を受賞し、実写化もされブームが過ぎ去った感がありますが、まだまだ面白いことになっています。

キリスト教と仏教をはじめ、オリンポス神や神道、ヒンドゥー教などの民族宗教や、地域信仰をふくむ様々な神様たち。作者さんの知識量に脱帽です。既刊14巻。

あとがき

惜しくも受賞とはならなかった癖の強い作品たちですが、読んで後悔はしません。

ITや宗教、統合失調症など新しい世界を教えてくれた漫画ばかりです。その分読んだ後の衝撃も強いですが(笑)

最後までご覧いただき、ありがとうございました!