あらいぐま書店

Livraria de Rakumarō

リスクなしで高収入を得る方法を教えてくれる本『1万円起業』感想・レビュー

f:id:mimi_shiro:20180321222523j:plain

リスクなしで高収入、これだけ聞くとかなり胡散臭いですよね(笑)

世の中には、これをするだけ、あれをするだけという怪しいビジネス本が溢れていますが、どれも誇張された成功事例ばかり。

この本は10万部突破しただけあって、ビジネス本としてはかなり親切で、「なるほど!」と思いました。

会社員でもフリーランスでも、ビジネス本としてだけでなく、ライフスタイル本としてもおすすめできる一冊です。今回は新幹線の中で読んだ『一万円起業』の文庫本が、思った以上に面白かったので、おすすめポイントを簡単にご紹介します。

なるほどポイント①  何でも商品になる!

普段行なっている何気ないことが、実は他人にとってものすごい価値があることかもしれません。例えば、旅行先で作ったオリジナルの地図。例えば効率よくマイルを使う方法。「え、こんなこと?」と思うようなことが、実際に何百万、何千万という収入になっている事例をたくさん紹介しています。

仕事を作り出すヒントは、人々が叶えたいと願う希望を見つけそれを満たすことにある

人の悩みがある限り、幸せになりたいという気持ちがある限り、その需要を満たすサービスはなくなりません。サラリーマンをしていても、会社員をしていても大切な根本的な考え方ですよね。

なるほどポイント② とにかくやってみる!

どうやればいいかわからない。なんでも完璧にと思う人ほど、最初の一歩が踏み出せずに、人生が過ぎていってしまいます(汗)

どうやれば、どうすれば、なんて考える前に、とにかくやってみましょう!

この本で紹介されている人たちの中には、リストラなどで思いがけずやることになったパターンも多くあります。しかし、余裕のあるうちにやったほうが絶対お得です。

自分のやろうと思っていることに自信がなければ、一回売りに出してみる、それで購入されればやってみる、それでいいんだ、ということは目からウロコの発想でした。

なるほどポイント③ 費用はかけない!

今の時代、会社を辞めて、資金をつぎ込んで、背水の陣でなにかをやらなければいけない、なんて考え方はまったく必要ありません。借金の必要もないし、会社を辞めなければリスクだってとらなくていいんです。

タイトルにもある通り、1万円あれば(むしろ0円でも)起業できてしまう、そんな時代を大いに活用しましょう。決済システムも無料で使えますし、ウェブサイトだって1日もあれば公開できます。

格好よさとか、デザイン性よりも、”必要な仕事”であれば適正な価格で需要があることを再確認させてくれます。

なるほどポイント④ 儲かり続けなければ仕事じゃない!

一定の利益が出せるようになってはじめて”仕事”となります。

フリーランスでもアフィリエイトでもハンドメイドでも。一時の儲けだけで一喜一憂してはいけません。

また、お客さんのためには安ければ安いほどいい、なんて価値観に惑わされないでください。価格は変えてもいいですし、サービス(仕事)は成長させていきましょう。

特に日本人は謙虚な人が多いですが、自分の持つ価値に自信を持つことも大切。大事なのは、お客さんに対してきちんと利益を提供できていることなんです。

あとがき

元手たった1万円でビジネスを始めて、収入をあげたたくさんの人々を徹底調査してきた実体験がもとになっているので、とても説得力がありました。

しかも、登場人物のほとんどは、起業家をめざしていたわけではありません。好きでやっていたことがいつの間にか”仕事”になっていた、そんな瞬間をイメージすることができるようになる一冊です。

自分で仕事していきたい人、会社を辞めて自由に働きたい人に特におすすめの本でした。

© 2018 あらいぐま書店 All rights reserved.