あらいぐま書店

Livraria de Rakumarō

主人公は人外!『BEASTARS』にハマった人におすすめの人外漫画10選  

「マンガ大賞2018」大賞作品が発表され、大賞作品は『BEASTARS』に決定いたしました!

動物たちが暮らす全寮制の学校で、肉食動物も草食動物も一緒に学園生活を送る、もふもふヒューマンドラマ。 第1話はいきなりサスペンスから。「種」の垣根を超えて友人として過ごしていたはずの動物たちが、お互いに隠された「本能」に怯え、疑い、葛藤する様が描かれています。

過去のマンガ大賞受賞作品はこちら▶︎

ケモナー必見のコミカルな描写もありつつ、差別や偏見などの社会的なテーマも内包している作品ですが、人外漫画としては以前から人気が高かったのをご存知でしょうか。

今回は漫画大賞をきっかけに『BEASTARS』を読んでハマってしまった人におすすめの『人外』をテーマにした漫画をご紹介します。

主人公が獣だったり、無機物だったりするちょっと変わった漫画の数々。作り込まれた世界観と深いストーリーに浸ることができる作品たちです。

宝石の国

宝石のカラダを持つ28人は、彼らを装飾品にしようと襲い掛かる月人に備えるべく、それぞれの役割を全うしていた。その体の性質から何も役割を与えられていなかったフォスは、宝石たちを束ねる金剛先生から博物誌を編むように頼まれるー

唯一無二の世界観に引き込まれて、何度も読みたくなる中毒性があります。既刊8巻。

転生したらスライムだった件

通り魔に刺されて死んだ会社員、三上 悟(みかみ さとる)は、異世界の洞窟でスライムとして転生していたー

まずスライムとして転生してしまったことが絶望しかないと思いきや、なぜか機転をきかせながらスライムライフを満喫し、ついにはドラゴンを従えてしまう主人公…。 ポテンシャル高すぎて、スライムは最弱モンスターという固定観念が覆されます。

Web小説のコミカライズなのでハーレムものかなと思ったのですが、とんでもない。主人公の活躍を素直に応援したくなる異世界ファンタジーです。既刊7巻。

不滅のあなたへ

死なない存在である”真っ白な存在”が、徐々に”自分”を獲得していく物語。 不思議な生き物の様子が、静かな、温かみのある絵で描かれています。

ストーリーの流れも秀逸で、あっという間に物語の世界へ。 主人公を通して、シンプルな ”生きる” ことに浸ることができる作品。既刊6巻。

とつくにの少女

触れると呪われるという異形の者が棲まう『外』と、人間が住まう『内』に分かたれた世界。本来であれば、交わるはずのないふたりが出会い、動き出すおとぎ話。

モノクロのイラストと、余計なものが一切ない至極の物語です。pixivコミックで一部無料公開中。

贄姫と獣の王

異形の王に生贄として捧げられた少女・サリフィ。生きることを諦めたサリフィは、恐れられる王の前でもマイペース。自分が食べられてしまうと思っていたサリフィだが、王の真実の姿を知ることにー

獣の王様とマイペースな少女が心を通わせていくほのぼの胸キュンストーリー。既刊6巻。

ソマリと森の神様

人外たちが支配する世界で、人間は迫害され、絶滅の危機に瀕していた。森の番人である「ゴーレム」は、ある日、ひとりの人間の少女と出会う。

自分を「お父さん」と呼ぶ人間と、感覚をもたない「ゴーレム」。不思議な父娘の旅を綴った異世界冒険譚。既刊4巻。

怪物事変 ーけものじへんー

親を知らずに育った少年・日下 夏羽(くさか かばね)は、田舎の村で迫害されて過ごしていた。ある日、村にやってきた探偵・隠神(いぬがみ)と出会い、とある事件から自分が血を持たぬ鬼"屍鬼(クーラー)"と人間の間に生まれた半妖の子であると知るー

見た目は人間ですが、さまざまな怪物の子供達の生と過去を描いたダークサスペンス。感情のない少年が少しずつ人に関心を持つ様子が切ないです。既刊4巻。

うせものや 異類邂逅浪漫奇譚

それは失くし物を預かる異世界の店「うせものや」

「物」しか現れないはずの場所で、狸の獣人・ダンザの元に「失せ物」として落ちてきたのは1人の女子大生・ルイだったー

『BEASTARS』に負けず、もふもふでイケメンの狸がいます!個性的な獣人達が盛りだくさんの異世界で、なくした記憶を探す女子大生と獣たちの物語です。

ライラと死にたがりの獣

亜人と呼ばれる人々が差別される世界で、マフィアの武器として育てられ、殺し屋として働かされていた亜人・アーロン。 無知で子供のような殺人者と、1人の少女の出会いによって運命が動き出すー

青い瞳をもつ少女と亜人の死へと至る旅を描く物語。既刊2巻。

もののがたり

心を宿し付喪神となった者を、あの世に帰すことを生業とする兵馬は、過去の傷により付喪神を憎む気持ちが消せず、なかなか祖父のように仕事を全うできずにいた。 そんな兵馬を見た祖父は、付喪神というものを正しく理解させるため、付喪神と人間が共に暮らす長月家に居候させることにするがー

真面目で頑固な性格があいまって、まっすぐにしか進めない兵馬が面白い!付喪神たちと少女・ぼたんの関係にも注目です。既刊7巻。

あとがき

『BEASTARS』のすごさは、動物の擬人化を通して「生き物の本能」や「社会的な問題」を伝えてくる重厚感のあるストーリーではないでしょうか。

今回は、ただの「人外」をテーマにした漫画というだけではなく、ストーリーがしっかりした深い漫画を選びました。もふもふを愛でるだけではなく、切ない作品も多いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

© 2018 あらいぐま書店 All rights reserved.