小さな星がほらひとつ

あらいぐま書店

Livraria de Rakumarō

動物だけじゃない!おすすめの擬人化漫画をまとめてみた【完結あり】

最近の大ヒットゲームをみても『艦これ』や『刀剣乱舞』など、まさに擬人化フィーバー!何でも擬人化してしまう日本人の想像力は動物だけに止まりません。

今回は、ちょっと変わったものを擬人化してしまった、おすすめの作品をご紹介します。

国を擬人化してみた 『ヘタリア Axis Powers』

世界の様々な国のイメージを擬人化!イタリアやドイツを中心に、友人になったり(同盟)、喧嘩したり(戦争)、国家間の歴史問題をユーモアたっぷりに描いています。

何度読んでも面白い、国を擬人化したほのぼの歴史ギャグコメディ。既刊6巻。

細胞を擬人化してみた 『はたらく細胞』

人間の体内で働く数々の細胞たちにスポットをあて、体の中で行われている攻防戦をわかりやすく描いた細胞擬人化漫画。

細胞たちの性格もうまく生かして、バトルギャグコメディに仕上げているのがすごい!楽しみながら病気の仕組みや体内の働きが分かる、面白いのに勉強になるの作品です。

都道府県を擬人化してみた 『うちのトコでは』

あなたの田舎も必ずある、全国47都道府県を擬人化してしまった作品。 読み出したら止まらない、鋭い観察眼で描いた個性的なキャラクターが魅力!

県民性や地域の特徴がわかって、さりげなく社会科の勉強になります。基本4コマなのですが、途中にあるストーリーものに思いがけず泣かされました…。既刊5巻。

電車を擬人化してみた 『青春鉄道(あおはるてつどう)』

電車の車両ではなく路線を擬人化してしまった、路線好きにはたまらない漫画。 キャラクター紹介が路線図なのもイイですよね!

「遅延が多い」とか「車両が古い」など、メタ発言多め。首都圏を超えて、全国にそのキャラクターを増やしている人気作品です。

ファーストフードを擬人化してみた 『すまいる0円! 』 

誰もが知っているファーストフード店が擬人化した驚異のコラボ作品。

キャラクターの性格がきちんとファーストフード店の傾向にあっていてびっくりします。モスが不憫で可愛い。ファーストフードラバーの人も、そうでない人も楽しめますよ。全2巻完結。これ名前の使用許諾よくおりたなぁ…)

あとがき

商業作品よりもインディーズの方が盛り上がっているのが擬人化というジャンル。

ちょっと癖のある作品が多いので全部は紹介できませんでしたが、もし需要があればインディーズのちょっとやばめな作品もまとめます(笑)

最後までご覧いただき、ありがとうございました!