あらいぐま書店

Livraria de Rakumarō

本から学ぶ、30歳を過ぎても伸びる女性の10の特徴

30歳を過ぎたら、どんな人生を送りたいですか?

仕事、結婚、出産と女性の30代は、めまぐるしい選択の連続。

ときには、周りからのプレッシャーや、自分自身でも気づかないうちに自分を追い込んでしまうこともあるかもしれません。 仕事でもプライベートでも、年齢問わず、伸び伸びと生きられたらいいですよね。

じつは、人生を本当に充実させる鍵となるのは30歳から。それでは、どんな考え方や選択をすれば、幸せな人生を手に入れることができるのでしょうか。

f:id:mimi_shiro:20180608181144j:plain

1.目の前のことを一生懸命にこなす

これまで、多くの「30歳から伸びる女性」たちを取材してわかった意外な真実があります。彼女たちの多くは、自分の夢を描いて、そこにたどり着くための計画を立て、コツコツと努力してきた人では"なかった"ということ。

夢を追いかけ続ける人こそ成功者になる、というイメージがありますがそれはほんの一握り。すべての幸せを掴んだ人が、初めから夢を叶えているわけではありません。

目の前にやってきた波(チャンス)に、とりあえず乗っかってみる。そして、思いっきり流されて、行けるところまで行ってみる……もしあなたもそう行動するならば、そのうちに、心の奥で「いつかこうなったらいいな」と漠然と思っていた場所に近づいていることに気づくでしょう。

伸びていく人というのは、目の前のことを一生懸命こなし、チャンスが来た時に上手に波に乗れる人なのです。

2.信頼と期待には+αで答える

自分に期待してくれる人、見込んでくれる人には、最高のものを返していこうとすることが、仕事の成果につながります。

この仕事は何に使われるのか、自分は何を期待されているのか。相手の期待+αの仕事を返せるようになれば、自然と30代からのブランド力が向上していきます。

3.人から愛される人柄を目指す

世の中は人の感情で動いています。人、商品、サービス…なんであっても、人の好意が集まるところには、”求められる”という需要が生まれます。

人に愛される人柄なんて、実際にどうすればいいかなんてわからない!という人も多いのではないでしょうか。 しかし、難しく考える必要はありません。

身近にいる人を大切にすること。積極的に人のいいところを認めようとすること。なぜなら、だれだって自分のことを好きでいてくれる人のことは大好き。周りに与えた好意は、不思議なほど一回り大きくなって、どこからともなく返ってきます。

例えばヨーロッパでは、お店の中に入れば必ず挨拶しますし、バスの運転手さんにも自然に声をかけます。それはサービスだからやってもらって当たり前、ということではなく、「こちらこそ、良いサービスをありがとう」という気持ちからくるもの。

周りの人を大切にするって、すごく難しい気がしてしまいますが、まずは「ありがとう」の数を毎日少しずつ増やすことから始めてみましょう。

4.今いる環境を否定しない

仕事を選ぶとき、なかには”選択の余地がなかった”という人もいるでしょう。

「たまたま」「これしかなかった」という動機でついた仕事でも、打ち込んでいたら結果的に「好きになっていた」というのはよくあること……外に飛び出して自由にできないのなら、いまいる場所で、自分のやりたいことを実現しよう

環境を変えるだけが選択肢では、その先伸び続けることはできません。まずは今いる環境で積極的に仕事や育児に関わってみましょう。

5.自分を喜ばせるものをもっておく

自分の気持ちに正直に生き、自分の世界を持っている人は魅力的に見えるものです。

流行り物に惑わされたり、30代はこう!という固定観念に縛られないためにも、自分が心地よく感じるものを楽しむことが大切です。 ファッション、趣味、ライフスタイル、人間関係など、こうなりたいという軸があれば、自分を見失うことはありません。

f:id:mimi_shiro:20180608181211j:plain

6.自分の立場は自分でつくる

20代であれば、人から頼まれたことをやっているだけでも問題ないかもしれません。しかし、30代になってもそれでは、成長も進化もありませんよね。

30歳から伸びていく女性は、自分で人生を選んでいける人。30歳で止まる女性は、人の選択を受け入れなければならない人……自分で人生を切り開いていくためには、やはり「これだけはよくやった」という仕事の自信と実績が不可欠なのです。

7.とにかく、まずはやってみる

30歳からも伸び続ける女性が、皆さん20代の頃からそれを目標にしてやってきたかというとそうではありません。

彼女たちの短期集中的な目標達成管理はとても優れていて、「これをやろう!」と思ったら、あっという間に実現してしまいます。長期的な目標はなくても、短期的な成功を重ねているうちに、大きな実力・実績になっているのです。

8.周りと同じように、を目指さない

「○歳までに結婚しなきゃいけない」「転職は3回までにしないといけない」「前例がないからできるわけない」 そんな思い込みはいますぐ捨ててしまいましょう。他者と一緒=あなたの幸せが補償されているわけではありません!

自分を決めつけた思い込みがある以上、伸びることはありません。反対に、「もしかしたらやれるんじゃないか」「ほかにも方法はあるんじゃないか」と可能性を広げていくことです。

9.どこまでできるかは想像力で決まる

人間は、想像したことを実現できる力があります。逆に言えば、イメージできない自分になりたいと思っても決してなれません。

”できている人”を見るのが、いちばんのイメージトレーニング。”そうなった自分”を、とことん楽観的にイメージして、まっすぐ進んでいきましょう。

10.「変わり続ける」覚悟をきめる

”安定”とは、現状に甘んじたり、寄りかかったりすることではなく、状況に合わせて、しなやかに”変化”しながら安定感を保つことです。なにもしないこと、変わらないことは、30歳を過ぎてからは”退化”になってしまいます。

よく「安定を求める」と言いますが、結婚や永久就職は果たして安定になるのでしょうか。40歳、50歳になったときにそれが”まんねり”や”退屈”になってしまい、そこで伸びない人生はとてももったいないですよね。

変わることは決して安定感を損ねることではありません。むしろ30代のうちに、どんな荒波がきても軽やかに乗りこなせるくらいの安定感を身に付けてはいかがでしょうか。

f:id:mimi_shiro:20180608181230j:plain

あとがき

いかがでしたでしょうか。

くさってしまったらそこでおしまい。人生の波(チャンス)はどこからやってくるかわかりません!いつでも波に乗れるように、いまできることから挑戦して、素敵な人生を目指しましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

© 2018 あらいぐま書店 All rights reserved.