あらいぐま書店

Livraria de Rakumarō

AIで本当に人間の仕事はなくなるのか? #10年後の仕事図鑑

f:id:mimi_shiro:20180703142048j:plain

近年、ニュースなどでも取り上げられるようになった、AIによって職を失うのではないかという疑問に対して、衝撃の一冊を発見しました。

当たり前の話だが、AIが発達していけば、コストの高い人間の仕事は順次代替されていく。(途中略) すでにいくつかの仕事が人の手を離れている。

今後、人間の仕事は本当になくなってしまうのでしょうか?

この先一番の鍵となるのは、AI「手を持ったとき」だといいます。

ペッパーなどのロボットは、相手が近づいてきたことを認識して話しかけたり、人の話を聞いて何か対応するということができるようになった。しかし、料理の盛り付けなどの細やかな作業は苦手。手を使って仕事をさせるまでには、まだ少し時間がかかるといった状況だ。

 

今回は『10年後の仕事図鑑』で紹介されているAIによって”なくなる仕事・変わる仕事”の一部をご紹介します。

 

AIによって”なくなる仕事”と”変わる仕事”とは?

ズバリ、今後手先の器用なロボットが出現すれば、人間がする単純労働は当たり前に無くなります。しかし、それだけではなかったようです。

弁護士、会計士、社労士、税理士もAIに取って代わられる?!

f:id:mimi_shiro:20180703142100j:plain

AIやロボットが期待されている仕事は、”危険な仕事”、”単純な仕事”と思われがちですが、お金がかかる仕事コスト削減』という目的もあります。

いわゆる高給取りと言われているこれらの職種は、コストカットの憂き目にあってしまうだろうという言われているのです。

実際にクラウドサービスの台頭によって、自身で経理や総務を行う会社も増えていますし、法律関係や財務・管理部門は、AIの最も得意とするところです。

むしろ人間よりもミスが減り、経費も削減できるというメリットがあります。

公務員だって安全じゃない?

f:id:mimi_shiro:20180703143057j:plain

窓口業務がネットで完結するようになれば、今後公務員の人数削減もあり得るでしょう。

今はまだ、インターネットを使いこなして全てを完結できる人は少ないですが、このまま今のネットネイティブ世代(10〜20代)が老人になる頃には、窓口業務の役割自体が不必要になる可能性も十分にあります。

そうなった場合、公務員として必要なのは、データサーバーを保守できる職種や、外部との企画・立案ができる人間が重宝されていきます。 

 

その他にも、物流関係やコンビニなどの小売業はもちろん、教員、営業職、研究者なども、機械の判定(発言)に信頼が付加された時点で、ある程度代替される職業だという衝撃の事実。

機械は嘘をつきませんし、このAIが言うことが理論的に正しいとなれば、機械の営業から物を買い、AIが個々に適した学習指導を提供してくれるようになる未来があるかもしれません。 

 

もはやブルーカラー・ホワイトカラーの問題ではなくなってきました。

そんな、AIやロボットの利便性に打ち勝つ職業というのは存在するのでしょうか?

 

重要なのは”感情”にアプローチすること

f:id:mimi_shiro:20180703144156j:plain

そうなった場合に重要なのは、理論以外の側面で価値を提供できるか、ということです。

特に本著では、”代替不可能な価値を持たなければならない”と強調されています。

 

いわゆるフォロワーが多いインフルエンサーとして、この人の言うことは面白い、この人の提供する体験には価値があると思われるような仕事ができる人は生き残れるというのです。 

その場合、重要なのが人間の”感情”にアプローチすること。

人間は感情の生き物です。本音と建前、感情の機微、感情を奮い立たせる体験を考え、実行できることが、AIにない最大の強みではないでしょうか。

 

代替不可能な価値は、仕事ではなく趣味で生み出せ

f:id:mimi_shiro:20180703145353j:plain

この本を読むと、AIでなくなる仕事・変わる仕事というのは、“人による”ということがわかります。

自分にしかできない営業をしている営業マンの仕事はなくならないし、

研究を一部AIに任せて効率化し、さらなる発見と楽しみを見出すことができる研究者の仕事もなくならないでしょう。

 

AIによって、未来に仕事を奪われると想像することは、インターネットが発明される前から、AppleやMicrosoftで働くことを夢見ているようなものではないでしょうか?

「なくなる仕事リスト」なんて血液型占いくらいの精度しかない

インターネットがたった20年でここまで世界の仕組みを変えたことは、誰も正確に予想できませんでした。 

自分の「好き」という感情に、ピュアに向き合い、ひたすらに没頭すれば、いつかそれは仕事になる。 

 

仕事は「受けるもの」ではなく「つくるもの」。マインドセットが変われば、「生まれる仕事」の側に居続けることができる。

  

 AIによって失われない仕事は、自分の意思で作れるということを教えてくれる本でした。Amazonでベストセラー1位に輝いたのも納得の内容です。

本著では、技術的最適化によって変わっていく、仕事だけでなくお金の価値についても言及されています。仮想通貨や投資に興味がある人にも、ぜひ読んで頂きたい一冊です。 

 

© 2018 あらいぐま書店 All rights reserved.