あらいぐま書店

Livraria de Rakumarō

少年誌の1番可愛いヒロインはここにいた!漫画『ブラッドラッド』の女性キャラが素晴らしすぎる!

f:id:mimi_shiro:20180912141358j:plain

(引用:ブラッドラッド)

よくニュースサイトで好きな漫画・アニメの女性キャラクターランキングなんてみませんか?

人気投票で上位にくるのは、『ONE PIECE』のナミや『SAO』のアスナ、『Re:ゼロから始める異世界生活』のレムが多いですよね。

しかし、筆者は断然『ブラッドラッド』の”ハイドラ・ベル”推しです。

知る人ぞ知る漫画ではあるんですが、なかなかその魅力が伝わらないのが悲しいところ。そこで、今回はハイドラ・ベルの魅力をとことん語っていこうと思います。

※未読の人はネタバレにご注意ください

意外と知られていない名作『ブラッドラッド』とは

f:id:mimi_shiro:20180912141419j:plain

(引用:ブラッドラッド)

月刊誌『ヤングエース』で2010〜2016年に連載されたバトルラブコメディです。

一言で説明すると、

ヲタクの吸血鬼少年が、魔界に迷い込んだ人間の女の子に惚れたけれど死なせてしまって、彼女を生き返そうとする過程で、魔界の大きな問題に巻き込まれてしまう物語。

(息継ぎ)

全17巻で完結しており、2013年にはアニメ化もされました。

筆者は完結後に一気読みしたのですが、こんな面白い漫画があったのか!というくらい衝撃を受けた作品です。

ジャンプにはない、無気力なヒール系主人公と、あざとくないのにエロ可愛いヒロイン。豆次郎というフェレットのようなマスコットの可愛さはもはや犯罪級でしょう。

とにかくキャラクターが魅力的で、最後までハラハラワクワクしながら読みきってしまいました。

その中でも特に魅力的だったのが、ハイドラ・ベルなんです。

f:id:mimi_shiro:20180912141442j:plain

(引用:ブラッドラッド)

物語の最初から最後まで、ストーリーを面白く展開するのに欠かせない重要キャラクターです。

1番最初の登場シーンはかなり謎めいた感じ。

主人公に知恵を与え、ヒロインのよき友人であり、恋敵でもあります。

魅力1 抜群のプロポーション

f:id:mimi_shiro:20180912141502j:plain

(引用:ブラッドラッド)

まずは、そのプロポーションが素晴らしい。

体の肉感といいますか、細いだけじゃなくて、でもしっかりくびれがあるところ。

ミリタリー風やカジュアルな衣装も抜群のプロポーションを際立たせています。

ポニーテールの可愛さは犯罪級です。

魅力2 才能と能力がすごい

f:id:mimi_shiro:20180912141529j:plain

(引用:ブラッドラッド)

高度な空間転移魔術を使いこなします。

まともに戦えば、主人公だって叶わないんじゃないかというくらいの能力です。

主人公の修行にも多々使われますし、物語の転換期にサッと出現しているのもこの能力。

それだけすごい力を持っているのに、トレジャーハンターとして『簡単に手に入らないものにこそ価値がある』とお金だけで仕事を選ばないところも素敵!

f:id:mimi_shiro:20180912141611j:plain

(引用:ブラッドラッド)

魅力3 超破壊力のあるツンデレ

f:id:mimi_shiro:20180912141642j:plain

(引用:ブラッドラッド)

表紙をみると金髪美少女キャラなのに、中身はめっちゃツンデレです。

主人公に全然伝わらず、赤面している姿が愛しい。

パンツよりも妄想日記を見られることを気にする可愛さです!

魅力4 友達になりたい親しみやすさ

f:id:mimi_shiro:20180912141805j:plain

(引用:ブラッドラッド)

冬美(ヒロイン)に自分を呼びだせるアイテムを渡したり、なんだかんだ優しいんですよ。

時には残酷な一面もあるのに、仲良くなった人にはとことん優しいギャップ!

姉御肌な一面に女も惚れます。(↓友達に手を出そうとした弟をしめるの図)

f:id:mimi_shiro:20180912141727j:plain

(引用:ブラッドラッド)

魅力5 恋への向き合い方が潔い

f:id:mimi_shiro:20180912142121j:plain

(引用:ブラッドラッド)

恋心に悶えている姿も可愛いのですが、告白シーンはかなり真剣。

これは作者の都合もあったのかもしれませんが、ヒロイン・柳冬美を好きな主人公が好き、とあっさり認めてしまう流れが、ネチネチしてなくて好きです。

あとがき

いかがでしたでしょうか?

『ブラッドラッド』は女性キャラがとにかく魅力的。

ベルはもちろん、正統派ヒロインのふゆみん(柳 冬美)も素晴らしいですし、寡黙な喫茶店のマスター・サティちゃん、お兄ちゃん大好きっ子のリズ、2人の旦那を魅了する色気たっぷりのママ、と素晴らしいキャラがたくさんいます。

あ!豆次郎も忘れずに↓

f:id:mimi_shiro:20180912142108j:plain

(引用:ブラッドラッド)

男女問わず楽しめると思うので、ぜひ読んでみてくださいね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

© 2018 あらいぐま書店 All rights reserved.