あらいぐま書店

Livraria de Rakumarō

壮絶な女の闘い!芸能界を舞台としたおすすめ漫画15選【シンデレラ度別】

f:id:mimi_shiro:20181015202850p:plain

(出典:キララの星) 

『ガラスの仮面』のような、芸能界を生き抜く女達の壮絶な闘いを描いた作品って面白いですよね。

今回は、普通の女の子が芸能界で成功していくシンデレラストーリーを、

「シンデレラ度」として、おすすめの作品をご紹介します。

(↑勝手に造語)

華やかな芸能界の裏で繰り広げられる、駆け引きや熾烈な攻防。

普通の女の子から天才まで、芸能界で活躍する主人公たちの物語を、ぜひご覧ください。

シンデレラ度5% +α

オムニバスドラマ「α」の世界を演じる4人の俳優・女優たちの裏側を描いたバックステージ・ドラマ集。

「α」は一見読むとファンタジーのような世界観なのですが、それが実は「+α」によって演技として描かれています。

「α」と合わせて読むと、巧妙な仕掛けや心理描写にただただ絶句。

芸能界ものとしてだけでなく、2つの世界がお互いに引き立てあい、より面白くなる傑作です。

ぜひ「α」→「+α」→「α」の順で読んでみてください。

シンデレラ度10% Wジュリエット

男まさりの女子高生・三浦糸(いと)が所属する演劇部に入部して来た超美人転校生・天野真琴。

その美貌と演技力に驚かされる糸たちだが、ある日糸は彼女の秘密を知ってしまい…!?

秘密を共有した2人が、演劇を通してお互いに成長していくラブコメディ。

真琴の女装姿と男装姿のギャップにときめきます。全14巻完結。

2人のその後を描いた「WジュリエットII」は現在も連載中。既刊8巻。

シンデレラ度15% プライド

有名なオペラ歌手を母に持ち、父親に溺愛されて育ったお金持ちのお嬢さま・麻見史緒(シオ)と、母親の呪縛に囚われ、バイトをしながらオペラ歌手を夢見る緑川萌(モエ)。

性格も声質も正反対の2人の歌い手が出会い、壮絶なバトルを繰り広げるラブロマンス

声楽の世界を舞台に、音楽の世界と向き合いながら、人生を切り開いていく2人の女性の衝撃の物語です。全12巻完結。

シンデレラ度20% ハンサムな彼女

一見クールな女優の萩原未央は、ある日、映画監督を目指す帰国子女の青年・熊谷一哉に出会います。未央を主演に映画を撮りたいという一哉ですがー

連載当時、絶大な人気を誇った芸能界ラブロマンスの代表作。

明るい天真爛漫な主人公が多い中、クールでかっこいい、それこそ"ハンサム"な未央に憧れた女子も多いはず。

今読んでも色褪せない名作です。全9巻完結。

シンデレラ度30% エンジェルリップ

幼い頃モデルとして活躍していたみきなでしたが、ある事件によりカメラ恐怖症というトラウマを抱えてしまいます。

ある日、「エンジェルリップ」という不思議なリップを手に入れたみきなは、モデルとして復帰!オーディションに挑むことになりますがー

大人が読んでも面白い、女子の憧れを詰め込んだようなシンデレラストーリー

最後の方は思わぬ伏線に泣かされました。全9巻完結。

シンデレラ度40% キララの星

伝説の大女優の娘だけど、本人は至って平凡な女子高生・亜弓。

失踪した女優を探して出ていった父親の代わりに、借金のある芸能事務所の経営を任されることに?!

借金返済のため、メガネをとったらイケメンの同級生・星を無理やりスカウトするがー

正体を隠すメガネ男子×大女優の冴えない娘が織りなすドキドキの芸能界漫画。

メガネを外したらイケメンという王道展開にも関わらず、テンポの良さと明るさであっという間にハマります。主人公と2人のイケメンの三角関係も見所!

表紙やタイトルに騙されず、芸能界ものが好きな人なら絶対にハマる作品。全13巻完結。

シンデレラ度45% 女ともだち

主人公の菜乃は、美人女優・西願搖子の姪。平凡な生活に憧れる菜乃の思いとは裏腹に、いつの間にか芸能界へ足を踏み入れるハメに。

そんな中、人気アイドル野口晴臣との出会いがきっかけで、親友のこずえとの仲にひびが入ってしまい…。 

主人公と親友の関係、姪と叔母の関係、女優と秘書の関係。

様々な女達の関係が物語を深くしていく、愛と友情のロマンチックストーリー。全3巻完結。

シンデレラ度50% BELIEVE[ビリーヴ]

敏腕マネージャー・山口依子は、人気俳優の事務所移籍問題に揺れる最中、ミステリアスな美少女・ルカと出会います。ルカにスターの資質を見出した依子でしたがー

芸能界ものの中でも珍しい、マネージャーに焦点をあてた物語。

ルカのシンデレラストーリーとは単純にいえない、働く女の生き様のようなものを強く感じる作品です。全7巻完結。

シンデレラ度55% アクタージュ

女優を目指す高校生・夜凪は大手芸能事務所「スターズ」のオーディションで天才的な芝居をするも不合格となってしまう。それには彼女の危険すぎる演技法に理由があってー

「本物の演技」しかできない主人公が、本物の俳優になるため、自分の殻を破り成長していくサクセスストーリー。

迫真の演技のシーンは見応え抜群!1人の天才が今後どうなっていくのか目が離せません。既刊3巻。

シンデレラ度60% カノジョは嘘を愛しすぎてる

多分ふつうはカノジョと出会ったのは運命だったとか特別な何かを感じたとか、嘘でもそんなふうに言うのかもしれないけど、

あの頃の僕は終始不機嫌でやさぐれていて、だから正直今振り返ってみてもカノジョに声を掛けたのはただの気まぐれで、ぶっちゃけ誰だってよかった。

カノジョじゃなくても多分よかった― 

人気バンド・クリュードプレイの大ファンで、歌うことが大好きな小枝理子は、ある日、“小笠原心也”と名乗る男性にナンパされ、元メンバーのアキと知らずに付き合うことに。

嘘からはじまった2人の関係は、音楽業界を舞台に徐々に変化。

様々な人たちの気持ちが交差する、至極のラブドラマです。全22巻完結。

シンデレラ度70% ウォーキン・バタフライ

180cmという身長ゆえに巨大なコンプレックスを抱えて生きる主人公ミチコ。

ひょんなことから彼女はファッションショーの現場に紛れ込みモデルと間違えられてしまう。

長身のコンプレックスを抱えた主人公が、衣装とメイクで別人のように格好よく変身する様が爽快ですが、決してそれだけではなく。

ファッションモデルとして厳しさ、現実を容赦無く叩きつけてくるとことが面白いです。

プライドがぶつかり合う、プロのリアルを描いたショウビズ・ストーリー。全4巻完結。

シンデレラ度75% 昭和ファンファーレ

昭和初期。天性の歌声をもつ女の子・小夜子は、いつかトーキー映画で歌う女優になりたいと夢を抱く。

そんな少女が出会ったのは、ピアノの神童と言われる男の子・浅海。

二人の天才少女が出会い、運命が動き出す!

昭和を舞台に、映画女優を目指す女の子の波乱万丈劇。

時代や生まれもあって、なかなかうまくいかない切なさもあり、今後の展開が気になって仕方ありません。

昭和モダンな世界観も可愛らしく、明るい小夜子の笑顔に魅了されます。既刊4巻。

シンデレラ度80% 累

※シリアス注意

二目と見られぬ醜悪な容貌を持つ少女・累(かさね)。

その醜さ故、過酷な道を歩む累に、母が残した一本の口紅。

その口紅の力が、虐げられて生きてきた、累の全てを変えていく―

不思議な口紅の力を使って他人の顔を奪い、女優としての階段を登っていく主人公

様々な人々の思惑が絡み合うダークサスペンス。最後まで鳥肌の立つ展開は必見です。全14巻完結。

シンデレラ度90% スキップビート

高校にも行かず、バイトに明け暮れる主人公・最上キョーコは、幼馴染であるロックミュージシャン・不破尚を支えることに喜びを感じていた。

しかし、自分が単なる家政婦代わりとして連れてこられたと知り、あっさり捨てられてしまう。キョーコは尚に復讐すべく、芸能界に入ることを決意するー

最初の動機は”復讐”だった女の子が、次第に演技の面白さに目覚め、女優として成長していく努力型の下克上物語

今まで面白くないストーリーが1つもないというくらい、キャラクターが生き生きしていて面白いです。既刊42巻。

シンデレラ度100% 東京BABYゲーム

ウソつきでお調子者の東子(とうこ)は、その性格が災いしてドラマのオーディションを受けることに。

プロデューサーの京市(きょういち)に、「女優の才能」を見いだされ、新たな夢を見つけていくー

調子のいいヒロインの性格は好みが分かれそうですが、女優としてがむしゃらに突っ走る姿や、それを支える男の子が本当にイケメン。

王道中の王道のシンデレラストーリーです。全6巻完結。

番外編 閲覧注意!「ヘルタースケルター」

大人気モデルのりりこ。しかし、彼女の美貌は「全身整形」によるものだった。

次第にその副作用に苛まれていくりりこと、美しさを求める人々の心は、やがて大きな事件へ。

人間の欲望、女の生々しい生き様、世間の目を圧巻の画力で描いたシリアスストーリー。

映画をみたことがあるという人は、ぜひ原作も読んでみてください。全1巻完結。

番外編2 予測不能!?「君はゴースト」

人気絶頂から忽然と消えたアイドル。彼女を追い詰めたのは芸能界の闇―を、なぜ俺が書く?

売れない小説家兼ゴーストライターの佐倉洋介(さくらようすけ)に舞い込んだのは、かつて人気アイドルだった真咲遥(まさきはるか)の手記の代筆。

訳のわからないまま奔放な遥に振り回される佐倉ですが、その裏には思わぬ事件が隠されています。

可愛らしいイラストにほのぼのとした気分で読んでいたので、まさかのサスペンスにゾワッとなりました。

"売れない小説家""人気絶頂だったアイドル"の2人が起こす復讐と再生の物語です。全2巻完結。

あとがき

今回は、シンデレラ度が高い=評価が高いではなく、芸能界に入るまでと入ってからの落差で客観的にレベル分けしてみました。

最近では、謎の天才を描いた「アクタージュ」がとにかくおすすめ。

プライド」は声楽ですが壮絶な女の闘いという意味では圧倒的です。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

© 2018 あらいぐま書店 All rights reserved.