あらいぐま書店

Livraria de Rakumarō

意外とある!クリスマスの珠玉ファンタジー漫画おすすめ7選【完結・名作】

f:id:mimi_shiro:20181222163516p:plain

(出典:フィンランディア-サンタ養成学校-)

きらきらしたイルミネーション。

赤い帽子のサンタさん、モミの木の下のプレゼント。

可愛いモチーフがいっぱいのクリスマスは、街をみているだけでワクワクしますよね。

今回は"クリスマス"をテーマにした、この季節におすすめの漫画をご紹介します。

サンタクロースの候補生

人付き合いが苦手な柊すずこは、おじさんに誘われて訪れた海辺の街で、職業・『公認サンタクロース』の高田さんと出会う。

子ども達の味方である温かい存在に勇気付けられたすずこは、自分もサンタになりたいと思うようになってー

元派遣OLの女性がサンタを目指して奮闘する、ほのぼの日常ドラマ

『公認サンタクロース』って実在する職業だそうです。その条件はかなりハードなんだとか...。全2巻。

よろしく・マスター

f:id:mimi_shiro:20181222163532p:plain

(出典:よろしく・マスター)

ある日、女子高生・くるみは不思議な青年・カイトと出会う。彼はトナカイの家系で、くるみはカイトのサンタ(=ご主人様)だというがー

サンタとトナカイの主従関係からはじまる、不思議なラブストーリー

イケメンがトナカイに変身するという驚愕の展開ですが、全く違和感ありませんでした(笑)

目隠しの国』の筑波さくら先生が描く、ほんのり甘くて、心温まるストーリーです。全3巻。

日本サンタクロース株式会社

日本にたったひとつの、サンタクロースたちが働く会社。

夏は靴下を作り、冬はこどもたちのもとにプレゼントを届けます。

看護師から転職した女子サンタ、足を痛めて引退した老サンタ、そして施設で育った青年サンタ。

さまざまな想いを抱えて働くサンタクロースたちの物語。

子どもたちの夢を叶えるサンタクロースを、会社にしてしまった!

研修制度や見習いバッジなど、細部までこだわった設定に夢が膨らみます。

ところがサンタになる大人たちには何か訳があるようで...

夢と現実がリンクする、ちょっぴり切ない群像劇です。全1巻。

フィンランディア-サンタ養成学校-

舞台はフィンランド。そこにはサンタクロースと、サンタのお仕事を手伝う妖精・トントゥの養成学校があった。

サンタに憧れた少女・愛里(あいり)は、日本からの留学生としてフィンランドにやってくる。トントゥ候補生として、サンタ候補生のカインと組むために奔走するがー

サンタオタクの少女が異国で奮闘する、学園ラブファンタジー

ストーリーもイラストも全てが可愛い!

妖精・トントゥ(トムテ・ニッセ)をモチーフにした唯一の作品です。全2巻。

ブラックナイトパレード

 

f:id:mimi_shiro:20181222163700p:plain

(出典:ブラックナイトパレード)

良い子には赤いサンタクロースがプレゼントを。

悪い子には黒いサンタクロースが臓物と鞭を。

コンビニ店員・日野三春は、クリスマスの夜に社会の理不尽さを愚痴っていたところを、黒いサンタクロース・クネヒトにより攫われてしまう。果たして"とっても悪い子"に待ち受ける運命とはー

荒川アンダー ザ ブリッジ」の中村光先生が描く、奇想天外なワンダーランドコメディ

愉快な同僚と怪しい上司に囲まれた、ギャグあり、サスペンスありの傑作です。既刊3巻。

クリスマス・キャロル ─まんがで読破─

チャールズ・ディケンズの中編小説『クリスマス・キャロル』。

タイトルは知っているけれど、ストーリーは読んだことがないという人も多いのではないでしょうか。

金儲けしか考えない老人・スクルージが、不思議な旅を通して改心していく様が描かれた寓話になっています。

幸せになるための教訓がつまった名作を、漫画で読める一冊。ぜひクリスマスに、一度読んでみてください。

クリスマスのぶたぶた

f:id:mimi_shiro:20181222170041p:plain

(出典:クリスマスのぶたぶた)

生きているぬいぐるみのぶたさんを描いた、ショートストーリー集のコミカライズ版。

ぶたさんとの出会いによって、人生を前向きに生きようとする人たちの心の動きを描いた短編集です。

クリスマスぼっちの心を優しく癒してくれる心温まる物語になっています。全1巻。

あとがき

クリスマスシーズンにぴったりの、意外な名作の数々🎄✨

ロマンチック&ファンタジックな、心温まるストーリーをぜひ読んでみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。