選ぶのは男か女か?性別が変わる『変態・性転換』漫画おすすめ15選

本当になりたいのは男?それとも女?

今回は、男と女、どちらとして生きるかを選択する少年・少女たちの物語をご紹介します。

いわゆる両生体・性転換と呼ばれるジャンルですが、物語の面白さだけでなく、色々考えさせられる深い作品が多いんです。

それではどうぞ!

ポイント
    • 両性体とは…男女両方の性質を持つもののこと
    • 性転換とは…ある生物個体の性別が生涯のうちに変化すること

学園&ラブコメ編

1神様のえこひいき

(出典:神様のえこひいき 1)

 

男友達のケンタに恋心を抱いた弥白は、告白して振られた直後に車に轢かれてしまいます。暇を持て余した神様に、「望む姿で生き返らせてやる」と言われた弥白は、ケンタの恋愛対象である「女子」に生まれ変わりたいと願ってー

少女漫画でこの流れは大丈夫なのか?!と読んでいる方が心配になった異色の作品。

男とか女なんて関係ない、恋愛の奥深さがここにあります。BL・GLに抵抗のない方には最高に面白いです。全5巻完結。

2彼女になる日

(出典:彼女になる日)

 

世界は常にその男女比を一定に保とうとするー

幼馴染でライバルの男子高校生・三芳と間宮。ところが間宮は「羽化」と呼ばれる性転換現象により突如女になってしまった。2人の関係に訪れた変化とはー?

「羽化」という現象を通して、少しずつ変化していく少年たちを描いた青春SFストーリー。

女になった間宮の魔性っぷりにドキドキ。友情や葛藤、胸キュン展開がつまった良作です。全4巻完結。

続編の「彼女になる日 another」では、同じ世界観で別の主人公のストーリーが描かれています。

前作の主人公たちのその後も読めるので、ぜひあわせて読んでみてください!

3彼は彼女に変わるので

(出典:彼は彼女に変わるので)

 

昼は男、夜は女の二重生活を送る高校生・鹿山伊織(かやまいおり)。

その近寄りがたい雰囲気も合間って友人も恋人も作らず1人で過ごしていた鹿山だったが、チャラ男なクラスメート・綾瀬に絡まれて秘密がバレそうになりー

チャラ男と堅物まじめ男子との三角関係!対照的なキャラクターで先が読めない展開が魅力です。

自分は女なのか、男なのか。体と心に振り回される主人公の心情や変化が丁寧に描かれています。全4巻。

本編は全4巻で完結していますが、その後を描いた番外編がマンガワンで無料連載中。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信
無料
posted withアプリーチ

4ボクガール

(出典:ボクガール)

 

「男らしくありたい」と願う男子高校生の鈴白瑞樹(みずき)は、その願いとは裏腹にいつも美少女に見間違えられてしまうほどの女顔。

ある日不思議な蜂に刺されて本当に女体となってしまい、波乱に満ちた日常が幕をあけるー

神様のイタズラで女の体にされてしまった主人公が送る、お色気ハプニング満載の学園ラブコメ

ギャグあり、ラッキースケベあり。激しくも可愛い絵柄がストーリーにぴったりです。主人公がそこらのヒロインより愛らしい。全11巻完結。

5世界の果てで愛ましょう

(出典:世界の果てで愛ましょう)

 

気弱な男子高校生・涼馬は、クラスの面倒ごとを押し付けられた放課後、異世界の王子・エミリオを助ける。
エミリオを庇って怪我をした涼馬だったが、気が付くと薬で女の子に変えられ、エミリオと強制的に同居することになってー

性別逆転して逆ハーレムになる女体化×異世界ラブコメファンタジー

一見王道でお色気感満載ですが、シリアスあり、家族愛あり、人種問題ありで一度読み始めたら止まりません。

表紙から想像するストーリーの100倍面白いです。男女問わずラノベ好きはハマるかも。全8巻完結。

6にぶんのいちボーイフレンド

(出典:にぶんのいちボーイフレンド)

 

ドキドキすると性別が変わる両性遺伝子をもつ男子高校生・要 相二郎。

可愛い彼女との男らしい交際を夢見るけれど、財閥のお嬢様である彼女・さくらは、金と科学の力で相二郎と同じ体質に変身してしまいー

彼氏が女で、彼女が男ー?!性が混然とした学園4コマ漫画。

基本ギャグですが、予想もつかない展開の連続で読み応えがあります。男verのさくらがイケメンすぎる。既刊1巻。

最新話はpixivコミックで連載中。

7らんま1/2

(出典:らんま1/2)

 

水をかぶると女になってしまう高校生・早乙女乱馬とその許婚・天道あかねを中心に、個性的なキャラクターたちが巻き起こすドタバタ日常コメディ。

誰もが知る「両生体・性転換」マンガの金字塔。

ギャグとシリアスのバランスが絶妙で、高橋留美子作品の中でもとくに何度も読み返したくなる名作です。前半の日常ドタバタコメディから後半のシリアスまで、一貫して「呪泉郷」が軸になっているところもすごい。新装版は全38巻完結です。

シリアス&ファンタジー編

8性別「モナリザ」の君へ。

(出典:性別「モナリザ」の君へ。)

 

幼少期を性別のないまま過ごす世界では、12歳になると自分がなりたい性へと次第に身体が変化していく。

18際になっても男にも女にも変化しない高校生・ひなせ。ところが親友のりつ(女)としおり(男)それぞれから「自分が性別を変える」と告げられてー

タイトルやモチーフがセンス抜群で、とにかく美しい!青色をアクセントカラーに使用した珍しい作画に見惚れてしまいます。

幼馴染との恋愛だけでなく、思春期の性や変化する人間模様、ひなせの体がどうなっていくのかなど今後の展開が気になります。ガンガンONLINEで連載中。既刊4巻。

9転生少女図鑑

(出典:転生少女図鑑)

 

第二次性徴を迎えると生じる『メタモルフォーゼ』と呼ばれる変態によって、性転換する少年少女を描いたオムニバス集

主人公ごとに変態の仕方が様々で、昆虫や魚と人間を掛け合わせた細かな設定が面白い

男が女になるパターンが多いですが、思いがけない自分の姿や周囲との関係に葛藤する思春期に想像力を掻き立てられる作品です。全1巻。

10選択のトキ

(出典:選択のトキ)

 

夏休みのある日、高校生の光晴は不思議な宇宙人・トキと出会う。

15歳になる前になりたい性別を選べるというトキは、孤立していた光晴の「親友」か「恋人」になると選択を委ねるがー

人間関係の不和から一変、突如として非現実的な日常に巻き込まれるSFファンタジー。

男としても女としても魅力なトキのキャラクター設計が秀逸です。全3巻完結。

11薔薇王の葬列

(出典:薔薇王の葬列)

 

中世イングランドで勃発した内乱・薔薇戦争。

ヨーク家とランカスター家が王位簒奪を繰り返す中、ヨーク家の三男・リチャードは、男女両方の性を持つという秘密を抱えていたー

シェイクスピアの史劇「リチャード三世」「ヘンリー六世」を原案としたエピックファンタジー

次々と入れ替わる王の冠に、だれが味方か敵かわからない複雑な人間模様。壮大な歴史と歪な愛の物語が美しいイラストで描かれています。

「すれ違い」や「報われない恋」が好きな人に全力でおすすめ。既刊12巻。

12magnolia

(出典:Magnolia)

 

アネスタチア王国の皇太子・アヤトは、生まれつき男のアレがない自分にコンプレックスを抱えていた。

ところが16歳のある日自分が男にも女にもなれる未分化の体であり、恋した相手によって性別が決まることを知ってショックを受ける。男であれば国王に、女であれば...果たしてアヤトの恋の行方とはー

皇太子を巡って、恋心と思惑が交差する王国ファンタジー

上記の「薔薇王の葬列」とはまた違った作風。学園や現代風の設定もあって、最後までさくさく読めます。全7巻。

13火宵の月

(出典:火宵の月)

 

狐の子と噂される天才陰陽師・土御門有匡(ありまさ)は妖退治の命を受け、京から鎌倉へやってくる。

そこで出会ったのは、金髪紅眼の美しい少年。雌雄どちらにもなれる山猫の火月は、有匡の子供を産みたいというがー

陰陽師×妖の平安ファンタジーロマンス。BLと少女マンガと歴史ものが混ざったような、不思議なストーリーに夢中になります。全8巻。

14月の子 MOON CHILD

(出典:月の子 MOON CHILD )

 

人魚と人間の恋が結ばれたとき、地球は死の星となるー

数百年のときを経て、宇宙から戻ってきた人魚族がみたのは汚染された地球環境だった。

人魚だった記憶を失い、人間との恋に落ちるジミー。人間と人魚の恋は、本当に災いを招くのかー

人魚姫と現代のニューヨーク、そして宇宙を舞台にした壮大なSFファンタジーの名作

少年のような姿のジミーと美しく純粋な人魚姫との対比が神秘的。自然破壊などについても考えさせられる大人のおとぎ話です。文庫版は全8巻完結。

コミックエッセイ編

15性別が、ない!

(出典:性別が、ない! 両性具有の物語)

 

一概に男・女と性別の判別ができないインターセックス(半陰陽)の世界を描いた4コマエッセイ。

作者はご自身の体験をコミカルに描かれていますが、読者としては驚きの連続でした。

マイノリティーでもポジティブに生きる作者に感動します。読むと新しい世界観がひらけるような作品。下ネタ注意。全15巻。

あとがき

テーマが深いだけに、このジャンルの作品には切ない作品が多いですね。

先の読めない展開や主人公や周囲の心理描写も読み応えがあるので、普通とは違うマンガを読みたい!という方におすすめです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

この記事を読んだ人におすすめ