あらいぐま書店

Livraria de Rakumarō

大人の教養を身に付けたいときに読むおすすめの本5選

f:id:mimi_shiro:20190108200101j:plain

教養のある大人ってカッコいいですよね

大人になってくると、常識や教養と言われている知識が大切なことに気づきます。

筆者は「教養」といわれるとマナーや宗教、時事、歴史への造詣の深さなどが思いつきますが、知識がすべてではありません。

今回は、大人の教養を身に付けたい方におすすめの本をご紹介します。

教養(きょうよう)とは...個人の人格や学習に結びついた知識や行いのこと

 

人生を面白くする 本物の教養

「教養」といっても何からはじめればいいかわからない。

そんな方には、まずこちらの一冊をおすすめします。

教養を身につける、というと知識ばかり詰め込んでしまいがちですが、まずは「教養」とは何かということを教えてくれる本です。

教養があることで人生がどのように面白くなっていくのか。

この本では、知識を得た先の行動に「本物の教養」があることを教えてくれます。

本物の教養を身につけるためには、どのような姿勢で望むことが大切なのか。

本を読むだけでは身につかない、人生を豊かにする教養の身につけ方を学ぶことができますよ。

国内・国外の時事問題など様々な項目にも触れており、基礎的な知識も面白く読めます。

大人の教養を身に付けたいと考えている方に、はじめの一歩としておすすめしたい一冊。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

海外で話題のベストセラー本は、まさに教養を身に付けたい大人にぴったりの一冊。

全365項に渡って、歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教といった7分野の知識を高めることができます。

タイトルの通り、1日1ページ15分読むだけで世界基準の知識を勉強できるのがポイント。

聞いたことはあるけれど知らなかったカタカナの意味や、ちょっと自慢できるような小ネタが満載なので、読んでいてとても楽しいのもいいですよね。

 

分厚い装丁も素敵なので、紙で手元に置いておきたくなりました。

枕元において寝る前に1ページ。

朝のコーヒータイムに1ページ。

なんていかがでしょうか。

筆者は気になる項目が多くて我慢できなかったので、一週間でまとめ読みしてしまいました(笑)そのくらい面白い教養がつまった一冊です。

日本人はなぜ日本のことを知らないのか 

海外で現地の人と話すときに、日本人が興味を持たれるのは日本のことです。

しかし、日本のことを熱く語れるという人は意外と少ないのではないでしょうか。

自国の文化やルーツを語れずに、世界の人と話すことはできません。

日本という国がどうやってできたのか、今に至るまでにどのような歴史があったのか。

この本では『日本人が知っておきたい日本』を、比較的中立な視点でわかりやすく学ぶことができます。

学校で習う歴史やニュースで見る断片的な情報が全てだと錯覚してしまわないためにも、すべて大人に一読してもらいたい良書です。

大人なら知っておきたいモノの言い方サクッとノート

洗練された話し言葉って素敵ですよね。

会社でも、お店でも、テレビの中でも、話し方にはその方の知性が垣間見える気がしています。

そんな普段何気なく使っている言葉を"サクッと"見直せる一冊がこちら。

大人の物言いがどういうものかわかりますし、自分の話し言葉の見直しにも使えます。

全部をすぐに使うというよりも、ボキャブラリーを増やし、大人としての礼儀作法を考えたい時におすすめの本です。

ティファニーのテーブルマナー

この本は1ページごとに繊細なイラストと数行の文章で描かれた、まさに大人のための絵本です。

美しい銀食器を販売している世界的なブランド「ティファニー」が監修したテーブルマナー本。

教養のある大人だったらテーブルマナーくらい身に付けたい!という方に全力でおすすめします。

優雅で魅力的な食卓での作法が、ちょっとした皮肉とユーモアたっぷりに描かれていますよ。

スープ、魚・肉料理、サラダ、デザートといったフルコースメニューに沿って紹介されているのもわかりやすい。

特に、最後に書かれた『やってはいけないマナー』は何度も読み返して頭に叩き込んでおきたくなります。

一見女性向けの装丁ですが、女性をエスコートする男性にこそおすすめしたい一冊

あとがき

いかがでしたでしょうか。

筆者がこれらの本を読んで一番印象に残ったのは、シャネルの創業者“ココ・シャネル”の言葉でした。

私のような大学も出ていない年をとった無知な女でも、

まだ道端に咲いている花の名前を一日に一つぐらいは覚えることができる。

一つ名前を知れば、世界の謎が一つ解けたことになる。

その分だけ人生と世界は単純になっていく。

だからこそ、人生は楽しく、生きることは素晴らしい

 

一日に一つずつ世界の謎が解けていく―

ココ・シャネルは、今日はどの謎が解けるのかとワクワクしながら毎日を生きていたのです。

(出典:人生を面白くする 本物の教養)

教養を身につけること=人生を楽しむことなんて本当にステキですよね。

気になった本があったらぜひお手に取ってみて下さい!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

© 2019 あらいぐま書店 All rights reserved.