アニメ2期はある?漫画「神之塔」のストーリーを時系列まとめ【ネタバレ注意・現在2章まで】

漫画「神之塔」は、韓国のWEBサイト「NAVER WEBTOON」で2010年から連載されているバトルファンタジーです。
日本では2018年から公開され、日本ではLINEマンガのみで配信されています。

2020年にアニメ化されて話題となりましたが、原作はまだ単行本がでていません。
世界観が独特の上、伏線がたくさんあるので過去の内容を忘れてしまったという方も多いのではないでしょうか。

今回は漫画「神之塔」のあらすじを簡単にまとめてみました。
最新話を読む前のおさらいや「あれ?どこまで読んだっけ?」「あの内容どこだっけ? 」なんて時にご利用ください。

全体的にざっくりまとめているので一読したことがある方向けです。未読の方は自己責任でご覧ください。

最後の展開を見たくないという方は途中で読むのをやめてね

第1部 序章 (1〜78話)

金、地位、名誉、力、権力。
塔の上にはこの世のすべての喜びと栄光そして真実がある。

少年・二五日の夜(通称・夜)は、少女ラヘルを追いかけて塔へとやってきた。
そこにいたのは1階の管理人ヘドン。ザハードの姫・ユリから名刀「黒の三月」を借りた夜は、白い蝶ウナギ(神海魚)をかわしてボールを割り試練をクリアする。

2階のエヴァンケルの階へと転送された夜は、一次・二次試験のサバイバルバトルでクン、ラーク(ワニ)と出会い、チームを組む。
続いてレロ・ローの「神之水の膜を通り抜ける」という試験を、夜だけは弾かれることなくクリア。
三人は総監督ユハンの「本物の扉を見つけて出ていく」という試験を、ラークの直感でクリアする。

別会場では一次・二次試験で200人中3人しか残らないという事件が発生し、その中にザハードの姫と非選別者いることが発覚する。
不在のエヴァンケルに代わって、ユハンは勝利すれば次の階に進める「クラウンゲーム」を開始する。

「緑の四月」を持つアナクは夜に「黒の三月」を渡すよう迫り、レロ・ローに追加のルールを提案。
それは夜チームが勝てば「緑の四月」は夜のものとなり、負けた場合「黒の三月」をアナクに渡すというものだった。
クンの仕込みで他チームを倒して、夜たちは勝利する。

次の試験に向けて、夜たちはそれぞれのポジションで1ヶ月の教育を受けることに。

「神之塔」のバトルポジションについて

・釣り師→個別的な活動もでき、リールイベントリーを使って敵を無効化する戦闘の中核
・槍使い→釣り師が捕えた相手を槍を使って制圧したり、最後方から槍を飛ばして相手を牽制し射殺する(ラーク)
・灯台守→暗い塔を灯台で照らし灯台で戦闘状況を収集把握し道案内に状況を伝える(クン)
・捜索者→戦闘の最前線でオブザーバーを使って相手の動きを探り、釣り師の突撃を手伝う
・波使い→神之水を使って戦場を支配する。素質を持っているものが少ない(ヨル)

それぞれの鍛錬がおわり、最後の合同テスト「ランカーとの鬼ごっこ」がはじまった。
各ポジションからはわずか数名しか次の階に進むことができない

AチームとBチームに別れてしまったクンと夜。
クンは夜と一緒に合格するためにわざとAチームを敗北させ、夜はラヘルを人質に暴走したホーを神之水でで食い止める(ホーはその後死亡)

最終試験は地下水の溜まったホールの中からマンドルくじらに飲み込まれ、無事に穴から抜け出すこと。
夜とラヘルは2人で神之水の空気の玉の中に入った。
三つ巴の食物連鎖の中を奮闘する面々。牛を追うエンドロシとアナクの前に王室直属処断部隊レンが現れてアナクを殺そうとするが、夜を探しにきたユリによって阻止される。

地上にいるクン達の奮闘もあり、もう少しで試験も終わろうという頃。
夜は「僕がラヘルの足になる」と一緒に塔を登ることをラヘルに提案する。
その時、水中から来た牛に襲われる夜たち。夜は玉を飲み込もうとする牛に向かって必死の力で放を放つ。
ところが牛を撃退した夜を、ラヘルはそのまま水中へと突き落とすー。

試験はおわった。合格した面々の中には夜だけがいない。
クン達は夜の死を受け入れられないながらも、被害者として振るまうラヘルに「自分たちが夜の代わりにラヘルを塔の頂上に連れていく」ことを決意する。

・ラヘルサイドの真実が語られる(75話~78話)

第2部  王子の帰還~攻防戦編  (79話〜190話)

20〜21階 王子の帰還~ザハードの王子編

〜6年後〜

20階は試験をクリアできないたくさんの選別者たちが困窮していた。
受験料の取り立てに追いかけられた王野成は、自分の臓器を売買する契約をして20階の試験に再挑戦する。
そこにいたのは圧倒的な強さを持つ男でFUGのスレイヤー候補であるジュ・ビオレ・グレイスだった。

・FUG(ファグ)→塔に君臨するザハード・十家門に敵対する塔に犯罪組織(いわゆるテロリスト)

取り立て屋の一人息子・プリンスや、蓮家の令嬢・梨花などが参戦する中、神之水の能力テストで一位となったビオレは「自分を選んでくれ」とすがる面々を余所に「自分一人で充分だから全員落としてくれ」と言い出す。
試験官のラブは一人で試験に挑むか七人を選ぶかを賭けて、ビオレと他の選別者でゲームをすることを提案する。

宿泊所でそれぞれの部屋へと割り当てられた選別者たち。深夜、部屋にあったリモコンが鳴り出し、突如試験開始の合図が伝えられる。
ビオレがラブからコネクタを奪って部屋をとればビオレの勝ち。他の選別者たちは7人の仲間と6つの部屋を確保すれば勝ち。

部屋を守る者と外にでて交渉や戦闘をする者が混在する中、王野は旧友のニアに裏切られプリンスの付き人ライの策略に嵌められる。
謀略を企てたライはすでに蓮梨花を操り、5つの部屋を手に入れていた。(その後、ニア死亡)
王野は浴場でラブと戦うビオレの元へと走り、ラブからコネクタを奪ってビオレの勝利を手助けする。
悪者が勝利するくらいなら全員落ちた方がマシ、という考えからかと思われたが、実際に試験がおわってみるとビオレが使ったコネクタは王野のコネクタとすり替えられており、ビオレ、王野、マナ、カナ、虎助、アークラプター、プリンス、蓮の8名が合格となった。

王野はビオレを訪ねたファリョン・真田ユタカと会い、ビオレが試験に落ちれば友人が一人ずつ殺されること、人質を取られてFUGのスレイヤー候補となっていることを知る。
ビオレ含む王野チームは特別試験を言い渡され、花を取るためにチゲナの体内に入って非選別者のウレック・マジノと遭遇。
マジノと対峙する中、ビオレはチゲナの子を追うマナを血塗れになりながらかばう。マジノはチゲナの花が2つ産まれていたことを知り、1つをご褒美だとビオレに渡す。

ビオレに友達を作ってやりたかったが、王野達といることでビオレは危険な目にあうと思い直す真田ユタカ。
王野はビオレを連れて、FUGとも十家門とも関係ない自分たちの道を行くと宣言する。

・FUGの神と呼ばれるカラカが現れ、真田ユタカと密談する(カラカの師匠は真田ユタカ。FUGが一枚岩ではないことが判明)
・ファリョンが王野のことを「紅灯家の王子(ザハードの家門)」と呼ぶ
・25階にいるクンはラヘル達と塔を登りながら新しい仲間を集めてる。(シビスたちと分かれている)

30階 工房戦編

ファリョンは2年後に30階で開かれる工房戦でビオレの友人達と会えると王野たちに告げる。
30階を目指して試験に挑むラーメン丸チーム。

しかし虎助が工房で悪魔を半分入れられた「生きる始動武器」であること、片割れのベニアミノ・カサノが「右腕の悪魔」と呼ばれていることが判明。
虎助は仲間を巻き込むわけにはいかないとチームの元を離れ、カサノを探すべくアルレンの手へ向かってしまう。

虎助を連れ戻すために後を追ったビオレと王野たちは虎助と戦闘していたクンチームと鉢合わせてしまうが、それはスレイヤー候補に友人であり将来敵対するクンを殺させようというFUG側の罠だった。
FUGの監視下にあるビオレは、再会できたクンをわざと突き放してシアシアについていく。

ラヘルの裏切りが発覚し、ダンは足を滅多刺しにされる。

ビオレのいなくなったラーメン丸チームに助けられたクンは、ファリョンからジュ・ビオレ・グレイスが夜と同一人物である確信を得て、ファグの元老と数人のスレイヤーが組んでビオレを自分の監視下のチームに置くために今回のことを仕組んだと知る。
真田ユタカが黙認しビオレが元いたチーム(ラーメン丸)か、元老達がスレイヤー候補のために作ったチーム(シアシア達)か。
工房戦で優勝したほうにビオレを加えることでき、クンはラーメン丸チームと共に工房戦優勝を目指すことに。

30階。工房戦にはシビスチーム(エンドロシ、アナク、ハツ、ラウレ)やラークなど、かつての夜の友人たちが勢揃いしていた。
工房戦に参加するための浮遊船・アルキメデスの搭乗チケット争奪戦が開始され、ビオレはシビスチームと対峙する。

249名の選別者を乗せたアルキデス4階大競技場にて、工房戦が開幕した。

個人戦、そしてトーナメント戦(チームリーダーがメンバーを選んで賭ける)が繰り広げられる中、アナクとランの激闘に第三者が乱入して8人のチームリーダーが脱落することに。
第三者の介入が無効だと主張するクンによって、工房戦は「成長型トーナメント」へと切り替えられる。
8つのチームの優勝者が、狂犬チーム対ファグチームの勝者と決勝戦を行うというものだ。(優勝賞品:ビオレ)

一方、立入禁止区域でベータ(始動武器として改造された男の子)と遭遇したビオレは、自分の中にある赤い力がFUGが作ったトゲのレプリカであり、本物のトゲが工房にあることを知らされる。
・トゲ→非選別者のエンリュウが不滅のはずの塔の管理人を殺し、その現場に残されていた武器(力?)

島の南側ではクンたち8つのチームが、北側ではFUGと狂犬の2チームが競っていたが北側の戦いはFUGの罠だった。
本来FUGはビオレに本物のトゲを与えるために工房戦に参加させたが、ビオレ反対派は工房と手を組んでビオレをトゲの中に溶かして武器にしてしまおうと企む。

山奥の最下層でトゲと一緒に拘束されたビオレは、アルキメデス船から落とされる溶解液に溶かされて、始動武器にさせられそうになる。
ビオレ(夜)の緊急事態を把握したクンと王野たちは、虎助やファリョンに助け出されたビオレをギリギリのところで南側のチームメンバーとして召喚。
トーナメントを勝ち抜き、夜・クン・ラークの3人組はようやく再会を果たす。

ファグのランカーが待ち構えるアルキメデスからどうやって逃げ切るか考えるクンたちの前に、警備員に扮したレロ・ロー(2階のエヴァンケルの階の元・試験管)が現れる。
レロ・ローの画策によって工房戦は中断され、決勝戦も延期。レロ・ローは決勝戦が始まる前に「月下翼松」の浮遊船に乗ってここから脱出することを提案する。

ビオレは自分を逃したファリョン、ノビック、虎助を助けるために、FUGの手下であるリップルレッゾの元へ。
トゲのあった場所で、ラークはメッドショッカー、クンは白天京を使ってリップルレッゾを追い込む。
二人に時間をもらった夜はトゲを始動させ、B級選別者レベルであるリップルレッゾを圧倒的な力で倒した。

アルキメデスから溶解液がまかれる直前、夜たちはエンドロシのボンボンで浮遊戦へと脱出する。
ビオレはFUGの手を離れ、長い髪を切って「二十五日の夜」を取り戻した。

アルキメデスでカサノに悪魔を奪われてから目を覚まさない虎助。
チームラーメン丸はファリョンの道案内で、カサノを捕まえるために35階地獄列車へと挑む決意をする。

第3部  地獄列車編(191話〜417話)

随時追加予定です。

 

漫画「神之塔」を無料で読む方法は?アニメ2期はある?

LINEマンガのWEB連載で、現在は1日1話ずつしか読めません。(CMも使えない)
2020年7月はアニメ放送記念で200話まで無料公開していたので、アニメ続編や再放送が決まれば今後も無料キャンペーンが行われる可能性はあります。

アニメ1期では、第一部の最後(78話)までが全13話で描かれました。
2期の話はでていませんが、今回のアニメの評価だけでなく今後2期が決定する可能性はあると思っています。
アニメはそんなにフォロワーが多くなかったですし、円盤も発売していないので売上からの続編予想はできませんが。

日本だけでなく世界中で読まれている作品なので、原作の人気と海外の評価をあわせて考えると十分に可能性はあります。
むしろ第2部のビオレや王野は多くのファンがつきそうですので、1期以上に盛り上がりそう。
第2部をやるなら2クール(全25話)くらいかけてじっくりやってほしいですね。

アニメ「神之塔」を配信しているサービス

あとがき

「神之塔」は翻訳の影響なのか元からなのかゲームルールが守られていないような気がする箇所がいくつかあり、真面目に考察するととても疲れるのでざっくり把握しています。

そして章を重ねるごとに長くなる…!ストーリーはまるでHUNTER×HUNTERのように胸ワクの展開なのですが、いかんせんキャラも多いので初見さんが追いつくのは大変だろうなぁと思いました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

この記事を読んだ人におすすめ