あらいぐま書店

Livraria de Rakumarō

大人が思いっきり泣ける!おすすめの少年・青年漫画ランキング10

f:id:mimi_shiro:20181015002529j:plain

こんにちは=゚ω゚)ノ

月に150冊ほど漫画を読んでいる管理人です。

 

仕事のストレス、人間関係のモヤモヤ

このままじゃうつ病になってしまう...

 

そんな時は、溜め込んで爆発してしまう前に、思いっきり泣いて心の鬱憤を吐きだしましょう!

今回は、普段なかなか泣けない人におすすめの、確実に号泣できるマンガ(言い切ります)をランキング形式でご紹介します。

年に2000冊近く漫画を読み、そろそろ純粋な心がスレてきた筆者も号泣したお墨付きです。

それでは10位からどうぞ。

10位〜6位

10位 MIND ASSASSIN

頭部に触れるだけで相手の記憶と精神を破壊する能力をもつ医師・奥森かずい。

第二次世界大戦時代に暗殺のために作られたその能力を、かずいはつらい過去に苦しむ人々を解き放つために使おうとするがー

医師と暗殺者、相反する力をもつ主人公が事件に挑んでいく心理サスペンス

人間の弱さや哀しい生き様が描かれており、淡々とした静かな物語に惹きこまれます。

人は結局自分が悲しいから泣くんだ、というのをこの作品に教えてもらいました。全5巻。

9位 ピアノの森

森に捨てられ、壊れて音の出ない一台のピアノ。

複雑な家庭環境を抱え、町外れの『ピアノの森』で育った少年・カイは、楽譜も読めないにもかかわらず、天才的なピアノの才能を持っていたー

天性の才能を開花させ、ピアノとともに生きていく少年の人生を描いた物語。

恵まれない環境で育った少年が1つ1つ壁を乗り越え、周囲の人々と関わっていく、心に響く感動のサクセスストーリーです。全26巻完結。

8位 寄生獣

空から飛来した謎の生物に寄生された平凡な高校生・泉 新一(いずみ しんいち)。 間一髪で脳の乗っ取りだけは免れた新一は、右手に宿ったパラサイト「ミギー」と共生生活を送ることになる。

人間の頭に寄生して人間を食べる「寄生生物」、次第に対抗する術を身につけていく「人間」、そしてどちらにも属さない「新一とミギー」。

人間とは何か、生物とは何かを考えさせられる、「エイリアンもの」の代表作。

一見、残虐なパラサイトによる地球侵攻を描いたSFサスペンスですが、『地球環境を汚染する人間こそが、地球を食い物にする「寄生獣」である』という哲学的な側面も含んでいます。

ラストシーンでいつも号泣してしまう作品。全10巻。

7位 最終兵器彼女

北海道のある街で暮らすシュウジとちせは、付き合ったばかりの恋人同士。

ある日、謎の「敵」に街が空襲され、戦火から逃げるシュウジが見たのは、腕を巨大な武器に変え、背から鋼鉄の羽根を生やし「最終兵器」として敵と戦う”彼女”の姿だったー

この突拍子もない世界観と、それに付随するキャラクター心理を理解できるのは大人だからこそ、というような気がします。全7巻。

6位 宇宙兄弟

「一緒に宇宙飛行士になろう」と誓い合った幼い頃の兄と弟。

夢を叶え宇宙飛行士となった弟・日々人に対して、鬱々とした毎日を過ごしていた兄・六太は、弟の願いを聞き届け、再び宇宙飛行士の梅を追いかけ始めるー

宇宙飛行士の夢を追い続ける2人の兄弟の絆と人生を描いた名作。

夢を追いかける人々の、本当の挫折と希望が詰まっています。既刊32巻。

5位〜1位 

5位 1/11 じゅういちぶんのいち

サッカーはひとりでやるものじゃないー

自分の才能に限界を感じていた少年・安藤ソラだったが、女子日本代表・若宮四季と出会い、世界で最強のチームの「1/11」になることを決意する。

恐らくどのサッカー漫画よりも、切ない人間模様を描いたヒューマンドラマ

夢を叶えるのはほんの一握りだという現実と、それでも信じる気持ちの強さを教えてくれます。全9巻。

4位 金色のガッシュ

驚異的な頭脳を持ちながら不登校になっていた中学生・清麿(きよまろ)の前に現れた、謎の少年・ガッシュ。

徐々に打ち解けていく2人だったが、それは魔界の王を決める壮絶な戦いのはじまりだったー

魔法と友情が詰まった、感動のバトルファンタジー

ギャグももちろん面白いんですが、それ以上にガッシュの叫びや願いに圧倒されて、涙なしでは読めません。

子供から大人まで多くの人に読んでもらいたい作品です。全16巻。

3位 四月は君の嘘

元・天才少年ピアニスト有馬公生(ありま・こうせい)は、母の死をきっかけにピアノの音が聞こえなくなり、無気力な毎日を過ごしていた。

ある日、友人の付き添いで行ったデートで、性格最低、暴力上等、そして才能豊かなヴァイオリニスト・宮園(みやぞの)かをりと出逢い、モノクロだった有馬の日常に色がつき始めるー

がむしゃらに足掻く少年たちの青春を詰め込んだ、切ないラブストーリー最後は涙なしでは読めません。全11巻完結。

2位 DRAGON QUEST―ダイの大冒険―

かつて魔王やモンスターによって支配された世界は、勇者の活躍によって平穏を取り戻していた。

ところが十数年後、再び魔王は世界を征服しようと蘇る。勇者に憧れる少年・ダイは、謎の男・アバンを師とし、仲間たちとともに魔王を倒すため立ち上がるー

人気ゲーム『ドラゴンクエスト』の世界観で描かれた、アドベンチャーファンタジー

主人公だけでなく、その仲間も、敵でさえ、それぞれ熱い思いを持っていて胸を打たれます。

アバン先生の生き様、ポップの成長、ハドラーの男気など見所しかない名作。全22巻。

1位 星守る犬

職も家族も失った"お父さん"は、一匹の飼い犬とともに故郷を目指して、ボロボロの車で旅に出る。それは、一人と一匹の最後の旅だったー

最後まで人間に寄り添った飼い犬・ハッピーを通して、「生」と「愛情」について考えさせられる傑作。

犬の視点からみた人間を描いており、ハッピーの無邪気なモノローグがより切なさを感じさせます。温かくて涙が止まらない感動作。全1巻。

あとがき

辛い時は、涙で前が見えなくなるくらい泣いて、泣いて、泣きまくりましょう。

夢をバカにされても、勝ち目がなくても、生の最後でも、前を向く主人公たちにきっと背中を押されるはず。

少しでもこれらの作品を読んだ人の心が軽くなれば嬉しいです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

© 2019 あらいぐま書店 All rights reserved.