あらいぐま書店

Livraria de Rakumarō

華麗なる怪盗・泥棒を描いた漫画おすすめ20選【名作・完結】

f:id:mimi_shiro:20190131191035p:plain

(出典:まじっく快斗)

ヤツはとんでもないものを盗んでいきました。貴女の心です。

警察をサラリと交わす怪盗・泥棒ってカッコいいですよね。

今回は、そんな華麗な怪盗、泥棒、盗賊を描いた漫画をご紹介します。

どれもおすすめ作品ばかりですので、ぜひ選ぶ際の参考にしてみてください!

青年・少年マンガ編

まじっく快斗

マジックが大好きな高校生・黒羽快斗は、ある日自室の隠し扉の中に、世界的な大怪盗・怪盗キッドの衣装を発見する。それは、8年前に事故死した父・黒羽盗一が仕掛けた最後のマジックだった−

「名探偵コナン」と世界観の繋がった、有名すぎる怪盗マンガですね。

1987年から連載された結構古い作品なんですが、途中で『名探偵コナン』・『YAIBA』の連載がはじまったため、話数はあまり多くありません。

現在は、「週刊少年サンデー」で不定期&短編連載として続いています。既刊5巻。

キャッツ・愛

怪盗キャッツ・アイとして活躍した美人三姉妹・来生愛・泪・瞳。

怪盗をやめて一般人として過ごしていた3人でしたが、正義感の強い愛は困っている人を見過ごすことができなくてー

タイトルだけは知っているという人も多いのではないでしょうか。北条司先生の元祖『キャッツ♥アイ』のリメイク作品です。

舞台も現代にあわせて描かれており、作画も今風なので違和感なく楽しめますよ。全8巻完結。

EREMENTAR GERAD

空賊少年×謎の美少女の冒険ファンタジー。

まるで中世ヨーロッパのような世界で、魔法やファンタジーがたっぷりの壮大な冒険譚です。

ファンの間で「紅」と呼ばれる本作と、「蒼」と呼ばれる2年後の時代を描いた作品があります。ファンタジー好きにおすすめしたい隠れた傑作。全18巻完結。

SHADOW LADY

祖父と暮らした家と森が開発されてしまうことになり、久しぶりに祖父の家を訪れたアイミは、祖父の生前には入れてもらえなかった部屋で不思議なコンパクトを見つけ、シャドウレディに変身できる様になる。

思い出の森を守るため、今晩もシャドウレディは盗賊として資金を稼ぐー

美少女を描かせたら右に出る者はいない、桂正和先生が描く怪盗マンガ。

無口でミステリアスな主人公が格好よく、「変身もの」としてもおすすめの作品です。全3巻完結。

風が如く

戦国時代を舞台に、天才的な身体能力をもつ盗賊・石川五右衛門の活躍を描いた奇想天外なバトルファンタジー。

派手な攻防と、巧みな技で魅せる日本の泥棒作品です。

歴史的なオマージュがたくさんでてくるので、日本史好きにもおすすめ。全8巻完結。

ルパン三世 名作文庫シリーズ

本物のルパンに出会える文庫版全10巻。

アニメよりこちらの雰囲気が好きという方もいるのではないでしょうか。

独特の絵柄とストーリーが魅力。原作の中毒性をぜひ味わってみてください。

20面相にお願い!!

小学3年生の伊集院玲(あきら)はおっとりした優しい少年。しかし、実は世間を騒がす怪盗・怪人20面相だったー

巨大学園都市CLAMP学園で巻き起こる怪盗学園コメディ。

大怪盗と財閥令嬢の恋の行方など、ラブストーリーとして読み応えあります。愛蔵版全1巻。

少年怪盗 ル・ブレッド

舞台は、蒸気機関が異常発達した蒸気都市(スチームシティ)。そこには警察をあざ笑うかのように美しい物を狙い奪う、少年怪盗がいたー

怪盗×警察の追いかけっこを描いた正統派。オネエの刑事さんがカッコイイ。全2巻。

少女マンガ編

怪盗セイント・テール

マジシャンを父に持つ中学生・羽丘芽美(はねおか めいみ)の正体は、盗品を盗み返して悪人達の罪を暴く・怪盗セイント・テール

警察さえ手玉に取るセイント・テールを追うのは、刑事の息子で芽美のクラスメートの天才少年・アスカJr.こと飛鳥大貴。

セイント・テールと飛鳥Jr.の追いかけっこの結末はー?

怪盗と警察、絶対に捕まってはいけない2人の関係にやきもきします。

『怪盗少女』の元祖とも言われる、マジックファンタジー。全7巻完結。

B-ウォンテッド

あまり知られていませんが、怪盗・盗賊にときめく漫画といったら迷わず1位・2位にしたいくらいおすすめの作品

「CCさくら」が連載されていた頃の『なかよし』で人気を博した隠れた名作です。

ちょっと特殊な力をもつ平凡主人公が、イケメン2人に目をつけられて、あれよこれよと盗賊稼業へ巻き込まれていきます。

ドキドキの恋愛模様は、いま読んでもやっぱり面白い。電子書籍がないので、中古で揃えました。全6巻完結。

D・N・ANGEL

14歳の誕生日に失恋した少年・丹羽大助は、その夜、伝説の怪盗"ダーク"としてもう1人の自分が目覚めてしまいー?

遺伝子レベルの運命と恋が絡み合う、怪盗ファンタジー。

序盤は男の子版・怪盗セイントテールという印象。次第に2つの人格をもつ主人公の壮大な物語が展開していきます。

1997年から連載され、長らく休載されていましたが、2018年12月に『月刊ASUKA』で連載再開されました。既刊16巻。

WILD☆ACT

15歳の少女・桜庭由仁子のもう1つの顔はなんと泥棒。その目的は16年前に亡くなった人気俳優・七重聖の遺品を集めること。

ある日、主演男優賞に渡される七重聖のトロフィーを手に入れるため忍び込んだアカデミー会場で、人気俳優・江波竜と出会ってー?

少女マンガには珍しく、アクション満載の泥棒ラブロマンスです。

男性キャラがとにかくイケメンで、相棒のモモンガの可愛さには悶絶必至。全10巻完結。

神風怪盗ジャンヌ

日下部まろんは一見普通の高校生。しかしその正体は、巷を騒がす怪盗ジャンヌ・そしてジャンヌ・ダルクの生まれ変わりだったー

神の娘として美術品に憑依した悪魔を回収し、失われつつある神の力を取り戻すまろん。しかしそこには壮絶な運命が隠されているのです。

怪盗ラブコメとしても、転生ロマンスとしても読み応え抜群!

天使と悪魔などファンタジーな印象が強いですが、一人一人のキャラクターの過去が重く、胸が締め付けられます。全7巻。

怪盗かまいたち

正体不明の大泥棒・怪盗かまいたちが狙う資産家の宝石。かまいたちを追い続ける新聞記者・佐々木は、予告状のあった屋敷に潜り込むがー

「嘘解きレトリック」の都戸利津先生が描く、本格怪盗ミステリー

ロマンミステリーでこの作者さんの右にでるものはいません!

可愛いイラストで、細部まで作り込まれた上質な推理を楽しめる一冊です。全1巻。

黒猫と侯爵の従者

亡くなった養父の遺産を取り戻すため、怪盗となった少女・キティ。最後の仕事に取り掛かったとき、思わぬ出来事に巻き込まれてー?

イギリスを舞台に、貴族のお屋敷で繰り広げられる怪盗ロマンス。

イラストも可愛くて、イケメン当主&従者にときめくことまちがいなし!

全4話ですが、もっと続いてほしいと思うくらい面白かったです。全1巻。

せつげつか

月夜の晩に現れる怪盗・月光。正体不明の大泥棒は、ある少女の元にだけ姿をあらわすー

怪盗と少女の秘密の逢瀬を描いた、儚いラブストーリー。

2人の言葉の掛け合いに、胸がギュッとなります。和と洋が交じったような世界観も素敵。

モリエサトシ先生の世界観が楽しめる恋物語がつまった珠玉の短編集です。全1巻。

恋するハートでタイホして

女刑事・あすかの悲願は、世間をにぎわす怪盗・ケルベロスを逮捕すること。何故ならヤツは私の唇を奪ったから…!

イケメン怪盗×女刑事の王道ラブコメ。表題作のほか、エロティックな作品を収録した短編集です。

円城寺マキ先生の描くラブコメは外れがありませんね。 全1巻。

個人的に好きな名作ベスト3

3位 VSルパン

20世紀初頭のパリを舞台に、アルセーヌ・ルパンの恋と冒険を描いた壮大な愛の物語。

ルパンというとアニメ『ルパン三世』を思い浮かべる人も多いですが、原点はフランスの人気小説。こちらはその原点小説を基にしたコミックなんです。

とりかえ・ばや」の作者・さいとうちほ先生が描く美しいイラストが、怪盗紳士のロマンチックな世界観を際立たせています!

初めて読む人も原点小説ファンも満足できるおすすめの作品。既刊3巻。

2位 エロイカより愛を込めて

時は、資本主義国家と社会主義国家が対立した東西冷戦の時代。

美術品を狙う男色の大泥棒・エロイカと、NATOの情報部員・エーベルバッハ少佐が、対立し合い、時になぜか協力し合いながら繰り広げていく、スパイアクションコメディ。

最初は、超能力を操る3人の少年少女による少女漫画要素が多いですが、次第に東西冷戦の渦中で少佐の活躍を描くスパイものとしての色が濃くなっていきます。

綿密な時代考証と、細部まで書き込まれた絵柄が特徴で、男性ファンも多い大長編。全39巻。

1位 Forget-me-not

水の都・ヴェネツィアを舞台に、名探偵だった祖父の遺言により、謎の怪盗"ベッキオ"を追う探偵・伊万里マリエルの叙述譚。

温かみのある街の描写と、怠惰でお気楽な探偵マリエルの飄々とした振る舞いに、読めば読むほど味のあるお話です。

深まる謎、怪盗ベッキオの秘密、とある弟子の秘密。繋がっていないようで、伏線の隠されたストーリーに魅力を感じます。全1巻。

あとがき

怪盗は、盗む理由や己の信念を貫く姿もカッコいいですよね。

特に少女マンガにでてくる怪盗はすごくカッコいいキャラが多いので、ぜひ読んでみてください!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。