あらいぐま書店

Livraria de Rakumarō

ちっちゃい子が可愛い!子どもに癒される、疲れた時におすすめの漫画12選

f:id:mimi_shiro:20180826035010p:plain

(引用:LOVE SO LIFE)

無邪気な子どもの笑顔って、癒されますよね。

今回は思わず笑顔になってしまう、子どもたちが主役級のほのぼの漫画をご紹介します。

疲れた時、癒されたい時にぜひ読んでみてください。

学園ベビーシッターズ

飛行機事故で両親を亡くした竜一と幼い弟の虎太郎。2人は森ノ宮学園の理事長に引き取られ、竜一は交換条件として学園の「保育室」で先生たちの子どものベビーシッターをすることになるー

学園を舞台に起こる、保育男子のほのぼの子育てコメディ。

最初はこわい理事長の意外な一面にほっこりします。子どもたちを預けにくる先生たちも個性派ぞろい。何より、可愛い幼稚園児がわちゃわちゃしている最高に癒される学園マンガです。

赤ちゃんと僕

交通事故で母親を亡くした小学5年生の拓也が、幼い弟の世話に奮闘しながら、家族とともに成長していくハートフルホームコメディ。

登場人物がみんな魅力的で、個性的。平気なように見えて、色々なものを抱えている人々の交流を描いた名作。文庫版も出版されています。

ちちこぐさ

息子を連れて旅をする薬売りの父子。旅先で出会う人々との関わりを通して、少しずつ不器用な父は、子どもとの絆を深めていきます。

独特の世界観と、コロコロ変わる子どもの表情の変化がリアル。父と子2人の家族の物語。

うさぎドロップ

祖父の訃報を聞いてかけつけた、ダイキチが出会った女の子・りんは、なんと祖父の隠し子だったー

衝撃の出会いに戸惑いつつ、りんと暮らすことを決意したダイキチ。子育てに奮闘しながらも、6歳児と独身30男が繰り広げるほのぼの日常漫画。全10巻完結。

LOVE SO LIFE

しっかりものの女子高生・詩春の将来の夢は保育士さんになること。 夢を叶えるため保育園でアルバイト三昧だが、訳あって双子のベビーシッターをすることに。

頑張り屋の女子高生と双子のやりとりに癒される、可愛すぎる保育漫画。2人の親代りであるイケメンアナウンサー・松永さんとの関係もどきどきです。全17巻完結。

おにぎり通信

『のだめカンタービレ』の著者・二ノ宮知子先生の子育てや子ども時代を描いた笑顔溢れるエッセイ漫画。

子どもは幼い頃から手もかからず、旦那は漫画のアシスタントもこなしてくれる完璧主夫。この本の1番のネタは先生自身かもしれません(笑)

2人の男の子の子育て、そして二ノ宮先生自身の子ども時代までさかのぼって描く二ノ宮ファミリーをご覧ください。全3巻完結です。

flat

超マイペースな高校生・平介(へいすけ)の日常は、幼い従兄弟の秋(あき)の登場で一変。忙しい叔母に変わって、秋の面倒をまかされた平介だが、思いがけず秋にめちゃくちゃ懐かれる。子どもらしくなく我慢が得意な秋に少しずつ平介の態度も変化してきてー

マイペースな主人公と、健気な幼児がおくる、のんびりハートフルライフ。主人公2人よりも周りのほうが騒がしいという(笑)幼い秋に心揺さぶられる平介の様子は必見です。全8巻完結。

甘々と稲妻

妻を亡くし、ひとりで娘の子育てに奮戦する数学教師・犬塚。

料理が苦手で小食で味オンチな彼は、ひょんなことから教え子・飯田小鳥と、一緒にごはんを作って娘と3人で食べることに。

一緒に作って食べれば何倍もおいしくなる!ドタバタ家族と女子高生の新しいグルメ漫画。既刊10巻。

うどんの国の金色毛鞠

東京でウェブデザイナーとして働いていた宗太は、実家のうどん屋で、釜の中でねむりこける不思議な子どもと出会います。なんとその子どもは、故郷の有名な化けたぬきで…。

ゆったりと時間が流れる“うどんの国”を舞台に、ちょっと不器用なふたりのあたたかい共同生活を描いた、田舎ハートフルコメディ。ついついしっぽと耳がでちゃうポコが最高に可愛い。幼児×けもみみ×田舎の癒し効果抜群の作品です。既刊10巻。

ひそひそ

ある日、木漏れ日の下で犬や猫に囲まれて眠る男の子・大地と出会った高校生の光路(こうじ)。幼い頃「もの」や「動物」の声が聞こえていた光路は、同じ力を持つ大地の影響で次第に力が戻ってしまう。その力のせいで辛い思いをした光路は、はじめは大地や力を拒絶するがー

大地と接するうちに少しずつ、過去や周りとの関係が変わっていきます。ただそこにいるだけで影響を与える子どもの力ってすごい。動物たちのおしゃべりを無視できない光路が可愛いです(笑)全6巻完結。

オハナホロホロ

5年前、麻耶と“同棲”していた部屋から失踪したみちるは、再び姿を現した時、小さな男の子の母となっていたー

翻訳家の麻耶、シングルマザーのみちると、その息子のゆうた、さらに同じマンションの下階住む、ニコ、4人の"家族"を描いた不思議な同居群像劇。

少しGL要素を含みますが、それも含めてキャラクターの感情が複雑に絡み合います。そんな大人たちの間でオロオロするゆうたは、主人公たちにとっても、読者にとっても最高の癒しです(笑)全6巻完結しています。

マイガール

平凡な毎日を送っていた笠間正宗(23歳)のもとに届いたのは、忘れられない恋人の訃報と、彼女の忘れ形見である女の子・コハルの存在。5歳になるコハルは、自分の娘だという。 ずっと自分に娘がいると知らず、戸惑う正宗だったが、母親が好きだった正宗といたいと願うコハルの純粋な気持ちに触れ、一緒に暮らすことを決意。 母親と恋人、大切な人を失った2人の、新しい生活がはじまるー

若い正宗への想いから子どもの存在を隠していた陽子さんが辛く、残された2人のやりとりは涙なしでは読めません。 いきなりの子育てに奮闘する正宗とコハル親子の幸せを切に願ってしまう作品です。全5巻完結。

あとがき

今回も”ほのぼの度”でランキングにしようかと思ったのですが、どれもほのぼのしすぎていてランキングにするのがすごく難しかったのでやめました(笑)

「あーもう疲れた!」というときは、子どもたちがでてくる漫画でほっこりしてみてはいかがでしょうか。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

© 2018 あらいぐま書店 All rights reserved.