【ツイステ】過去に開催された期間限定イベントまとめ 第2弾

2020年3月18日にリリースされた『ディズニー ツイステッドワンダーランド(Twisted-Wonderland)』。

ここでは途中から始めた方向けに、過去に開催された期間限定イベントのストーリーと、ガチャで引けたカードの情報を紹介しています。

第1弾(リリース〜2021年3月「バルガスCAMP!」まで)はこちら↓↓

※ゲーム内のスクリーンショットは公式の利用規約に基づいて使用しています(▶︎公式HP

2021年4月 【復刻】ハッピービーンズデー2021

2020年4月に開催された豆イベの復刻版。2021年4月20日〜5月5日の2週間に渡って行われました。

途中でスピンオフイベントの『竪琴無用の場外乱闘』が公開されることが発表され、過去イベントの裏側のエピソードが明らかに。

ハッピービーンズデー 〜竪琴無用の場外乱闘〜

  • 開催期間:5月10日(月)16:00 〜 5月31日(月)14:59
  • ストーリーの数:39タイトル
  • ストーリー解放条件:授業で『ハッピービーン』を集める、バトルクリアでワッペンを集めて限定カードと交換
  • ゲットできるカード:ジャミル(R/ビーンズカモ)、ヴィル(SR/ビーンズカモ)、ルーク(SR/ビーンズカモ)、フロイド(SSR/ビーンズカモ)

【このイベントで獲得できたカード一覧】

ストーリー/あらすじ

ハッピービーンズデー前日。学園長室では教師達によって明日の組み分けが話し合われていた。
一方各寮では各々が明日への意気込みを見せる中、ルークは寮長のヴィルと闘えること楽しみにしているようだ。

ハッピービーンズデー当日。ヴィルはサバナクロー生を従え…味方につけて農民チームの仲間を集めていく。
一方のルークは植物園でトレイと合流。フロイドは木の上からジャミルを翻弄しながら、相変わらずのやる気のなさを見せていた。

やる気満々のアズールとジャックに追いかけられるリドル。そこへ助けに入ったのは同じ農民チームのヴィルとエペルだった。
ジャックに追いかけられたのちヴィルに投げ飛ばされたフロイドは、試合後に投げ技を教わることを条件にヴィル・リドル・エペルのチームと合流。
装備を手に入れて、一向はケイト達が向かったと思われる植物園に向かう。

一方の植物園では、ジャミルの作戦でシャーワルマー(ケバブ)を焼いたカリムが怪物チームにまんまと捕まってしまっていた。
その周囲でマレウスを降したリリアが怪物チームに合流。植物園に着いたフロイド達とシルバーの前に立ちはだかる。

リドルはトレイに、ヴィルはルークに捕獲されて脱落。
フロイドとともに逃げていたエペルとシルバーはそれぞれリリアとジャミルに捕まってしまうが、フロイドは一瞬の隙をついてリリアに豆を当て脱落させる。

残ったジャミルを追いかけるフロイド。豆が当たってもジャミルとの闘いを望むフロイドにもはや現場は竪琴無用の場外乱闘へと化していた。
暴走するフロイドをアズールが止めて、フロイドを網で捕らえる。

最後の農民チームだったフロイドを捕まえたことで、怪物チームが勝利。
やる気のなかったフロイドを刺激したジャックはアズールとジャミルに責められる。
ジェイドと再会したフロイドは、お互いに食べたいものがある…「ケバブ」と笑い合うのだった。

初のSSRフロイドが登場ということで、SNS上で大いに盛り上がりました。

ストーリーも2020年の豆イベの2倍近く。前日譚から各キャラがどういう思惑で動いていたかが分かってとても楽しいイベントでした。

2021年5月 マスターシェフ〜辛味のふるさと〜

  • 開催期間:5月31日(月)16:00〜6月16日(水)14:59
  • ゲーム内容:食材を集めて正しいレシピ通りに調理をする新感覚のイベント
  • ゲットできるカード:SR→カリム or トレイ

食材を調達して、そのランクを見ながら組み合わせ、NRC生および先生達の審査を受けるというお料理イベント。

見習いシェフ・カリムとトレイのカードが入手でき、これらを編成すると食材の獲得数が1.2倍に増加する。

2021年6月 【復刻】ゴースト・マリッジ

  • 開催期間:6月24日16:00 〜 7月12日14:59
  • ストーリーの数:24タイトル
  • ストーリー解放条件:授業で『ブーケン』を集める、バトルクリアで指輪を集めて限定カードと交換
  • ゲットできるカード:ルーク(R/なりきり花婿)、リドル(SR/なりきり花婿)、エペル(SR/なりきり花婿)、リリア(SR/なりきり花婿)、エース(SSR/なりきり花婿)、イデア(SSR/なりきり花婿)

2020年7月に開催されたイベントの復刻版。SSRイデアとSRリリアのカードが追加に。
ストーリーはほぼ同じですが、エピソード8〜13にイデアが花婿衣装にチェンジするシーンが追加されました。その後のストーリーはイデアがずっと花婿衣装のまま進んでいきます。

▷▶︎ストーリーの詳細はこちら

2020年7月 熱砂の国のアリアーブ・ナーリヤ

  • 開催期間:7月12日16:00〜8月4日14:59
  • ストーリーの数:38タイトル
  • ストーリー解放条件:授業で『手持ち花火』を集める。スタンプミッションをクリアしてココナッツジュースをゲットできる
  • ゲットできるカード:トレイ(SR/ヤーサミーナシルク)、ケイト(SR/ヤーサミーナシルク)、マレウス(SR/ヤーサミーナシルク)、ジャミル(SSR/ヤーサミーナシルク)

【このイベントで獲得できたカード一覧】

ストーリー/あらすじ

熱砂の国のお祭り『アリアーブ・ナーリヤ (ヤーサミーナ河 花火大会)』に招待された監督生とグリム。

カリムは同じ軽音部のリリアとケイトを誘うが、リリアは腹痛でこられなくなってしまった。(ケイトはトレイを誘う)

リリアが誘ったマレウスの参加に戸惑うジャミル。茨の谷の次期王であるマレウスに何かあれば熱砂の国との外交問題に発展してしまう…!

戦々恐々とするジャミルを余所に皆は熱砂の国に興味津々。カリムの家で伝統衣装に着替えて、ジャミルの案内で『絹の街』を観光することに。

ラクダバザールで屋台料理を堪能する監督生たち。そこにジャミルの妹・ナジュマが現れて一緒にラクダバザールを観光する。
ドラゴンフルーツにシルキーメロン、お祭り名物のタワーバゲット。ご当地グルメを満喫するなか、ジャミルの子どもの頃の失敗談が暴露される。

ナジュマと別れて観光を続けようとした矢先、マレウスが迷子に!ジャミルの仕込んだGPSでザハブ市場を訪れ、マレウスと挨拶まわりをすませていたカリムと無事に合流する。

マレウス達はそれぞれに旅行に来れなかったリリアへのお土産を探す。無事にお土産を買ってコーヒー占いや砂時計など歴史ある市場を散策していた。

日が暮れてきた頃、花火師のおっちゃんと出くわしたカリム達だったが、メイン花火を打ち上げる為のUSBがスリに盗まれてしまった。

ジャミルは盗人(+猿)の思考を先読みし、全員で包囲して無事にUSBを取り戻す。

花火大会の会場で、ジャミルは花火師のおっちゃんに花火打ち上げの合図をだす大役を頼まれる。大会の目玉である仕掛け花火の打ち上げは凄腕の職人に任される名誉ある役目だった。

カリムを差し置いて…と遠慮するジャミルだが、ケイトやトレイ、マレウス達に後押しされて大役を引き受ける。
花火の下で楽しく踊りながら、ジャミルは最高のタイミングで仕掛け花火を合図。

これまで以上に最高で、特別な花火大会となったのだった。

元ネタは『アラジン』で、ストーリーの中にもアニメ映画関連エピソードがたくさんでてきました。

また世界各国(主に中東)の事情がかなり詳しく反映されており、トルコで食べられているB級グルメや車のナンバープレート落札など、現実世界のさまざまな国の要素がたくさん盛り込まれていたのが印象的でした。

大きな事件はありませんでしたが、熱砂の国を旅行している気分になれるイベントです。

2021年8月 マスターシェフ〜豆と人生〜

  • 開催期間:8月中旬
  • ゲーム内容:食材を集めて正しいレシピ通りに調理をする新感覚のイベント
  • ゲットできるカード:SR リリア or ジェイド

食材を調達して、そのランクを見ながら組み合わせ、NRC生および先生達の審査を受けるというお料理イベント。
見習いシェフ・リリアとジェイドのカードが入手でき、これらを編成すると食材の獲得数が1.2倍に増加する。

2021年9月 6章配信決定!これまでのメインストーリー配信時期

最後に、これまでのメインストーリーの配信スケジュールを見てみましょう。

・リリース(2020年3月18日):プロローグ・1章・2章実装
・3章(オクタヴィネル)配信開始:2020年3月末〜4月中旬(0.5ヶ月)
〜間1ヶ月〜
・4章(スカラビア)配信開始:2020年5月中旬〜6月はじめ(0.5ヶ月)
〜間3ヶ月〜
・5章(ポムフィオーレ)配信開始:2020年9月中旬〜2021年1月下旬(4.5ヶ月)

4章と5章の間が3ヶ月以上は空いており、今度は半年以上の期間をあけて満を持しての6章です。

ただし、5章が配信開始から完結までに4ヶ月近くかかっているので、2021年は確実に7章のディアソムニアまでいかないですね。

周年イベントが学年ごとのエピソードだったので、すでに2〜3年先のイベントまで想定している可能性が高いです。

もしかしたら3年がかりでメインストーリーを引っ張る可能性がでてきました。気長に待ちましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

この記事を読んだ人におすすめ